『小太郎そばや』で”天ぷらそば”を食す!@秋田県寒い

『小太郎そばや』@西馬音内字裏町

秋田県雄勝郡羽後町西馬音内字裏町31

営業時間 11:00~14:00

定休日 日曜祝日

『小太郎そばや』Googleマップで表示

スポンサーリンク

”西馬音内そば”とは、なんぞや?

筆者、そこまで蕎麦ツウでは無いので”西馬音内そば”と言われてもピンと来ませんが、どうやら蕎麦的には有名っぽいゾーンみたいです。

と、言う訳で筆者も蕎麦を食べ歩いてみた次第で御座います。

ってか、秋田県はメチャメチャ寒いんで、マッハで食レポに移る感じでどうでしょう?

『天ぷらそば』(大盛り900円)

個人的には『らーめん』(600円)とか、『かけ中華』(650円)が気になるのですが、せっかくの蕎麦処ですし初見ですので、ここはひとまずSOBAる感じが正解かと存じます。

そんなにボリューム感を感じないビジュアルですが、コッチの方の大盛りはマジ大盛りでして、ランチとしては十分なボリュームである事を、報告しておきたいと思います。

ちなみにココら辺ですと”冷やがけ”と呼ばれるスタイルが王道ですが、この日もクソ寒かったので思わず温かい汁にしてしまった筆者です。

ん~……やはり西馬音内の蕎麦はレベルが高いですな~

普段はラーメン派な筆者ですが、このくらい美味しい蕎麦が周辺にあるのなら、蕎麦派になっても悔いはありません。

むしろ、昼は毎日蕎麦でも良いんじゃなかろうか?

気になる蕎麦汁の方ですが、しっかりした節系の風味と醤油感が良いですね。

また、関東ほどにブッ濃くないので、スルっと頂けちゃうのもオッサン世代には有り難いと思います。

海老もしっかりした海老でして、この海老天の旨さなら『天ぷらそば』が正解かなと。

ご馳走さまでした!

『小太郎そばや』 総評

まさに日本の食文化、蕎麦の美味しさを存分に楽しめる『小太郎そばや』でして、シンプル・イズ・ベストを地で行く『小太郎そばや』はリスペクトで御座います。

時代が時代なだけにラーメンの方が注目を浴びる昨今ですが、ここら辺の蕎麦を狙って食べ歩くのも良い趣味かなと思った次第でして、当サイトが月間50万PVを超えたら”東北蕎麦の旅”でも企画したい俺がいる。

もっとも蕎麦ってラーメンほどにパーツが無いので、記事的には写真も文章も少なめになりがちでして、あまり盛り上がらないんですけどね!

と、言う訳で羽後町ら辺に来たら、是非みなさんも『小太郎そばや』の蕎麦を試してみて下さい。