『遊喜や』の海鮮丼大盛り(特上)が、さりげなくデカ盛りな件の是非@麻布大学ら辺

『遊喜や』@マジ淵野辺

神奈川県相模原市中央区淵野辺1-16-13

営業時間 12:00~13:30 17:00~23:30(ランチは平日のみ)

定休日 日曜祝日(夏休み等あり)

『遊喜や』Googleマップで表示

デカ盛りの定義とは?

ノーマルを”普通盛り”とするなら、ラーメンには中盛り、大盛り、特盛り(W盛り)みたいなレベルがあります。

んで。

”デカ盛り”ってのは、一体どのくらいのレベルを差すのでしょうか?

いわゆるテレビで紹介されるフードファイター用の奴?

それとも大盛りのチョット上くらい?

ここら辺、厳密な定義はないので線引きが難しいのですが、普通の人が食べきれないくらいの盛りっぷりを”デカ盛り”と表現するのが適当かと存じます。

まあ、そもそも「普通の人ってどこら辺よ?」って話になってしまうのですが、ジジババと小学生は無しにして、10人中7人が食べきれないボリューム感……これがデカ盛りの領域かなと。

ですので『CoCo壱番屋』のカレーを1キロとか、『ラーメン二郎』の大(大盛り)は十分にデカ盛りと表現して良いと思います。

これより上をデカ盛りに設定してしまいますと、フードファイター以外は無理みたいな領域に入ってしまうので、下限としてはそこら辺が落としどころでしょう。

『海鮮丼大盛り(特上)』(1200円)

と、言う訳で『遊喜や』の海鮮丼大盛りは「デカ盛りとす!」みたいな結論になると思います。

異議は認めません。

写真だとボリューム感がイマイチですが、丼の中に隠されている御飯(酢飯バージョン)の量がパネェので、恐らく麻布生の男子でも苦戦する盛りだと思います。

ちなみに海鮮丼は”並”なら500円と激安ですが、良識ある社会人であれば”上”(800円)から上を食べるのが大人でしょうか?

何せ大盛りも同一料金の学生サービスみたいな『遊喜や』のランチですので、そこに大人が入るなら、そのくらいの気遣いは必要かなと。

とは言え、「めっちゃサーモン丼が好きやねん!」と言うのであれば、それはそれでいいと思います。

で、気になる味の方ですが、ほぼほぼ各種ネタが入っている感じの海鮮丼でして、非常に”お得感”があるナイスなランチだと思います。

まあ、ぶっちゃけ”上”でも十分に海鮮感があるので、そこら辺で手を打つとコスパにも優れるんじゃなかろうか?

ん~……さすがに大盛りは手強いですな。

味噌汁もイイ感じで御座います。

ご馳走さまでした!

『遊喜や』 総評

ランチタイムは短いし、ほぼほぼ麻布大学の学生で埋まるので、なんならテイクアウトって選択肢も有りかなと思います。

とにかく大盛りは結構なボリュームですので、同一料金だからと言ってノープランで大盛りにするのは、如何なモノかと存じます。

逆に、「めっちゃ海鮮丼食べたいですし!」みたいなモチベーションの時には、まさにベストチョイスとなる『遊喜や』ですので、是非みなさんも利用してみて下さい。