『公』の麻婆豆腐が町田で一番美味しいと思うので食べてみて欲しい

台湾創作料理『公』@町田市金森

東京都町田市金森1-11-436

営業時間 11:30~24:00

定休日 火曜日

『公』Googleマップで表示

最近、マイブームな『公』ってどうよ?

その店構えからスルーしまくりな『公』でしたが、ネタの為にと入ってみたら予想の斜め上を行く美味しさでして、ここ最近の筆者の”ツボ”で御座います。

どこら辺が気に入ったのかと言うと、やはり料理の味でしょうか?

と、言うよりは他の部分は色々とアクが強過ぎるので、安くて旨いランチを求めて一瞬、一期一会のつもりで訪れるのが正解かと存じます。

と、言う訳でこの日もなんとなく行ってみたのですが、お目当ての料理は品切れって事ですので、ここは普通に”肉料理”的な何かにしてみました。

『麻婆豆腐定食』(900円)

この日の肉料理(お任せ)は”麻婆豆腐”との事でして、こんな感じになりました。

いや……そもそもが麻婆豆腐を肉料理のジャンルに入れて良いのかどうかって疑問が頭から離れないのですが、作る人が肉料理と言い張るなら、それは立派な肉料理かなと。

もっとも、筆者も麻婆豆腐は嫌いじゃなくってよな人なので、肉の文字を忘れて”麻婆豆腐定食”にモチベーションを切り替えれば、なんら問題ないと思います。

嘘です。

「だったら麻婆豆腐定食って書けば良くね?」

ま、それはそれとして、どうでしょう?

「辛いのにする?」(店主談)

みたいな感じで振って来たので、その挑戦を受けた訳ですが……コイツは相当にキテますね!

筆者、麻婆豆腐は嫌いじゃないし、むしろ好きなのですが、いわゆる日本人向けのユルい麻婆豆腐は好みじゃない可能性……あると思います。

なので、「麻婆丼ウメー!!!」とか、日本向けにアレンジされた麻婆豆腐を喜んでいる人を見ると冷めると言うか、興醒めと言うか、本当の麻婆豆腐に失礼だろがと思ってしまう器量の小ささで御座います。

しかし!

この麻婆豆腐に関しては旨い……間違いなく本場の味100%であると言いたい。

っていうか、今まで麻婆豆腐ネタを1度も書いていないのは、筆者が認める麻婆豆腐に巡り会えていなかった為でして、いかに『公』の麻婆豆腐がイケてるのかって話ですよ、お客さん。

ちなみに中国でも食堂レベルだと、ここまで手の込んだ麻婆豆腐は出ず、”豆腐の辛い油煮”みたいな雑な料理、いわゆる日本の麻婆豆腐とは違うモノが出るのですが、この『公』の麻婆豆腐は、中国でもちゃんとした店で出るレベルの奴ですな!

これぞ、筆者が求めていた麻婆豆腐でして、味としてはパーフェクトで御座います。

若干、その辛さと言うか花椒の利き加減、スパイス感、オイリーな仕上がり等々、素人にはオススメ出来ない諸刃の剣ですが、分かる人には分かる本物の味だと思います。

御飯が多いと思ったのですが、この麻婆豆腐を食べきるには必要な量である可能性……あると思います。

また、さりげなくセットのミニラーメンもイイ感じですので、麺類を攻めるのも正解かもですな。

ご馳走様でした!

『公』 総評

ここの料理はイケていると一発目から見抜いた筆者も大概ですが、この麻婆豆腐の味はなかなかのモノですので、食にコダワリのある当サイトユーザーの方達には、是非とも食べてみて欲しいですね。

まさに本物の麻婆豆腐としてオススメしたい珠玉の一皿で御座います。

と、言う訳で場所が場所なんでアレなんですけれども、その実力に関しては間違いない『公』ですので、是非友達を誘って食べに行ってみて下さい。

現場からは以上です。