【ラーメン】『鶏そば七星』の晩酌セットは侮りがたいと思った日【鶏白湯】

『鶏そば七星』@シラチャのイオン近く

Bang Bumru, Bang Phlat, Bangkok 10700

営業時間 11:00~24:00

定休日 謎

『鶏そば七星』Googleマップで表示

日式焼鳥最強伝説爆誕!

タイの屋台にも焼き鳥と言うか串モノ系はちょいちょいあり、何気に串モノで不自由する事はないのですが、あえて言おう!

「日本の焼き鳥が一番美味いんじゃね?」

と、言う訳でシラチャら辺で焼き鳥を食べようと思った場合、さして選択肢もないし和風の居酒屋は高いので、結果的に『鶏そば七星』がベターかなと思います。

『晩酌セット』(199バーツ)

焼き鳥5本に生ビール、さらに小鉢が付いて199バーツ(プラスVAT7%&サービス料ですが)とか”お値打ち価格”かと思うので、初見であれば『晩酌セット』一択で御座います。

ちなみに焼き鳥の方は……どの部位を食べたか忘れましたが、鶏の処理と言うか血抜きが甘いせいか、レバーとハツ(心臓)はちょっとイマイチでしたね。

ここら辺、焼き鳥に関しても小一時間な筆者ですので、趣味で何十キロと串打ちした経験からの辛口評価ですが、1本100円くらいの焼き鳥ですから、こんなもんと言えばこんなもんでしょうか?

『七星鶏そば』(99バーツ)

そして、そのまま締めのラーメンを食べられるのが『七星』の強みかなと思います。

とりあえず前回食べた『鶏そばスペシャルスパイシー』と基本は変わらないので、いわゆる「鶏白湯ですね~」みたいな小並感になりますが、酒を飲んだあとだと悪魔的な美味しさに思えて来るから不思議です。

逆に、所詮はタイのシラチャですので、そこまでのラーメンを求めてもって現実を考えると、この『七星』くらいのラーメンが丁度良いって着地地点かなと。

麺は中細のストレート麺でして、スープとの相性は良いと思います。

少なくとも鶏白湯スープとしては悪くないので、下手なチェーン店で食べるよりは有意義だと思います。

『味噌らーめんスペシャル』(159バーツ)

他にも”あっさり風味”のラーメンとかもあった気がしますが、そこは筆者の冬季限定マイブームでもある”味噌ラーメン”的な何かをエンジョイしたいと思います。

まあ、3月のタイは普通に気温36度くらいなんで、まったくもって味噌ラーメンモチベにはならないんですれども。

とりあえず具とか麺とかは全部、今までに書いた通りですので省略するとして、気になるスープの方ですが……言われてみたら味噌ですかね?

チャーシューと鶏つくねもイイ感じで御座います。

濃厚な鶏白湯の味噌ラーメンって意外とレアキャラだと思うので、そこら辺でワンチャンでしょうか?

そこまで味噌感も高くないので、あえて『味噌らーめんスペシャル』を食べる必要があるかって気がしないでもないのですが、特に味噌が入る事で不味くなる訳でもないので、なんとなく普通の鶏白湯に飽きたら食べてみるのも一興かと存じます。

ま、お値段159バーツ(500円ちょい)とVAT7%ですので、日本式ラーメンとしてはリーズナブルかも知れません。

ご馳走様でした!

『鶏そば七星』 総評

シラチャでラーメン単体の美味しさを欲したなら、微妙に『麺屋一代』の方がメニューも豊富でオススメですが、この『晩酌セット』を絡めた総合評価となると、ほぼ互角の勝負かなと思った次第です。

軽く一杯流したいモチベな時に『晩酌セット』&ラーメンと言う選択肢は有りだと思うので、是非みなさんも『鶏そば七星』の『晩酌セット』をエンジョイしてみて欲しいと思います。