『綱哲』で”黒煮干し中華そば”なるラーメンを食べてみる@綱島【つけめんTETSU】

『綱哲』@横浜市の綱島

神奈川県横浜市港北区綱島西1-1-2

営業時間 11:00~23:30 日曜祝日11:00~21:30

定休日 元旦

『綱哲』Googleマップで表示

綱島の『つけめんTETSU』?

それとなく『コッペんどっと綱島店』の取材を終え、そこは当然2本撮りな筆者は綱島ら辺の美味しい店を探してみました。

まあ、ラーメンが一番手堅いので綱島なら『綱哲』がベストでしょうかね?

と、言うか綱島の『つけめんTETSU』って事で『綱哲』?

ってのは行くまで知りませんでしたが、個人的に気になるワードはやはり「黒煮干し中華そば」って奴でして、煮干しではなく黒煮干しな所にキャッチされました。

『黒煮干し中華そば』(700円)

さしてメニューと言うか券売機も見ないで買ったら「麺の大盛り無料です!」との事ですので、せっかくだから大盛りにしてみました。

ラーメン700円だと普通かなって思いますけど、大盛りで700円なら安く思えてしまう不思議で御座います。

どうでしょう?

写真だと黒っぽさが伝わりにくいかもですが、これはなかなかブラッキーな感じですね。

煮干し主体のスープは節系の香りも加わり、かなり魚感と言うか煮干しが強く思えます。

スープに浮かぶネギと背脂がイイ感じでして、適度に背脂がある事で風味がプラスされています。

チャーシューは普通に豚バラですが、柔らかく煮込まれていて普通に美味しいです。

具の方は全体的に可も無く不可も無しですが、デフォルトの『黒煮干し中華そば』ですので、これで良いと思います。

そして!

特筆すべきは黒い色のスープ……よりも、謎の食感の麺でしょうか?

やや幅広の平打ち麺……なんとなく”どん兵衛”の食感に似ています。

いや、カップうどんに食感が似てるとか失礼な話ですが、筆者の第一印象はまさにソレでして、そのイメージが頭から離れません。

とは言え、筆者が好きな麺の食感とも言えるし、大盛りで麺量もあるので個人的には大満足で御座います。

ご馳走さまでした!

『綱哲』 総評

ちなみにスープの黒さの正体は”イカスミ”との説もあり、確かに黒さを出すならイカスミが正解でしょうかね?

黒いスープと言えば”富山ブラック”を思い出しますが、アレと違って見た目ほど塩っぱくもないので、そこら辺は安心して良いと思います。

煮干し感のしっかりしたスープですので、誰もが好きな味だと思いますが、麺の方は賛否が分かれる感じでしょうか?

昨今、やたらと堅めを注文する”麺堅派”にはウケないかもですが、筆者的には『綱哲』の麺は美味しかったです。

あとは店内が綺麗とか接客が良いとか、カウンターが微妙に広いとか、ラーメンの味とは直接関係ない部分も上々でして、『綱哲』なら筆者も推せると思います。

と、言う訳で綱島駅ら辺に行った際には、この『綱哲』で美味しいラーメンを食べてみては如何でしょうか?