【デカ盛り】『麺でる』油そば的な”特製まぜ麺”を食べて来たので御報告@相模原【ラーメン】

『麺でる』@相模原の真ん中ら辺

神奈川県相模原市中央区中央6-13-6

営業時間 11:00~14:30 17:00~22:00

定休日 不定休

『麺でる』Googleマップで表示

『麺でる』相模原店っていいよね?

ってか、三日間連続で『麺でる』行くとか流石にどうかと思うのですが、筆者は”波が来たら波に乗る人”ですので、ここはひとまずラッシュしておきます。

で。

普通の二郎インスパイアな『小ラーメン』と『特製つけ麺』は食べたので、残りの『特製まぜ麺』(油そば)を食べてコンプリートしておく事にしました。

まあ、こういうのはタイミングと言うか勢いが大事ですので、書ける時に書いておきましょう!

『特製まぜ麺』(830円)

本日も『時価豚』(200円)は売り切れランプでして、果たしてどのタイミングで出るアイテムなのか?

まあ、夜に豚が余ってる時に出すんでしょうかね?

もしくは、もうちょいオペレーションが馴染んでから?

と、言う訳で『時価豚』はチェック出来ないので、替わりに”ニンニク、タマネギ、アブラ”コールでアブラ(背脂)の感じを確かめてみた次第です。

今回、『豚増し』(2枚150円)はスルーしたので、麺量的にはプラス400グラムも食べられると思うのですが、『特製まぜ麺』ですので麺量がありすぎても混ぜられないと判断、『麺増し』(250~500グラム100円)の食券を買い、先日と同じ300グラムを追加しました。

ちなみに麺量は店主が食券を確認している時に『麺増し』があると、量を確認されるので追加したい麺量を言えばガッツ石松です。

んで。

とりあえずサイドからの写真は忘れちゃったのですが、丼はいつもと同じサイズでして、麺量が合計550グラムですと、かなりイッパイイッパイな感じとなり、オープニングから混ぜる事は無理っぽい予感で御座います……。

と、言う訳でヤサイを中心にアブラを絡めて食べつつ、ちょいちょい麺も持ち上げて食べてみました。

お、何気に開幕は見えませんでしたが、”温玉”(温泉たまご的な何か)が隠れていますね!

麺の方は盛り付ける前に、1回混ぜ込んであるらしく、ちゃんと下味が付いていたので意外と混ぜ込まなくても食べられる感じでした。

気になる”アブラ”の方ですが、写真を見れば一目瞭然、なかなかイイ感じの背脂だと思います。

トロッと溶けかかった部分を主体にしつつ、大きめのブロックもあるので、十分に満足出来る仕上がりかなと。

ってか、またチャーシューが赤い様な?

もう細けぇ事を考えるのは面倒ですので、「赤いチャーシューはラッキーアイテム!」くらいの占い感覚で良いと思います。(赤飯的な?)

実際、食紅のそれで味が変わるかと言われれば、まったく変わらないと思うので、ほとんど気分の問題って事でFAかなと。

とりあえず食べてみた感じ、しっかり混ぜ込まないと比較的”薄味”ですので、やはり”カラメ”コールをするか、卓上のタレ的な何かを最初にかけると、最初からイイ感じの味わいになると思います。

ま、筆者は薄味派ですので、デフォルトのままエンジョイさせて頂きますが。

そして!

昨日の今日って感じのデジャヴュなんですけれども、そこそこ食べたのにまったく減ってない感……あると思います。

やはり麺を持ち上げて食べる度に全体が”盛り上がる”感じでして、写真以上のボリューム感がある事は承知しておいて下さい。

今回、明らかに『特製まぜ麺』すなわち”油そば”的な何かですのでレンゲは不要に思えますが、やはり麺を上下に返して混ぜ込むには必須ですし、麺を持ち上げて食べる際の補助にもなるので、レンゲはわりと必須アイテムだと思います。

マジ、箸を持つ右手が疲れるレベルの麺量ですからね!

気になる味の方ですが、麺の方にはわずかな胡麻油の香りが残るものの、ベースとなるタレは『小ラーメン』とかと同じと思われ、味わい的にはシンプルな”油そば”だと思います。

ですので、人によっては”魚粉”(ぎょふん)とか、”からあげ”(一味と揚げ玉)のコールは有効かと思われるので、そこら辺は食べる側が一考する余地があるんじゃなかろうか?

まあ、筆者の場合はデフォルトの味を伝える必要があるので、極力シンプルに食べないとベースの味を伝える事が出来ないので、今回はこんな感じですけれども。

ま、とにかく”麺の美味しさを存分に味わう”って事では、『特製つけ麺』との2択でして、そこら辺は気分で食べ分ければ良いと思います。

ご馳走さまでした!

『麺でる』 総評

二郎インスパイアな『小ラーメン』、魚粉を加えた酸味のあるスープの『特製つけ麺』、よりシンプルな『特製まぜ麺』と揃った訳ですが、あえて言おう!

「どれを食べてもハズレ無し!」

しいて言うなら、『特製まぜ麺』を”油そば”とするなら、やはり卓上調味料に”酢”は欲しいかもですね。

ここら辺、無くても死にはしないのですが、人によっては酢を必須アイテムに挙げる人も居るので、置いてあってもいいじゃない?

とは言え、最初から全開で混ぜずに、徐々にあえていく事で味の変化は出せるので、食べ方次第では後半戦がシンドイって事態にはならないので、「酢もあったら嬉しいな!」くらいの感じですかね。

ここら辺、あれが欲しいこれが欲しいって始めるとキリが無いので、あくまでも店側のスタイルに一任するしかありません。

ま、とにかく『麺でる』の麺の美味しさを味わうには『特製まぜ麺』もイイ感じでして、油そばって立ち位置で考えても相模原なら『麺でる』1択でよろしいかと存じます。

いや、他の店も”汁無し”はあるんですけれども、汁無しにすると逆に値段が高くなるハードコアな設定の店が多いので、「なんで原価的に安くなるのに高くなる?ん?」みたいに思ってしまう貧民層の筆者的にはスルー案件で御座います。

『麺でる』の場合も『小ラーメン』より80円高くなるのですが、他店よりも値上げ幅は少ないし、温玉が付くので値段が高くなった感は無いですね。

と、言うか『特製まぜ麺』で麺増し100円、合計930円で麺量550グラムの”油そば”がエンジョイ出来るなら、コスパ的には優れているんじゃなかろうか?

とりあえず3種類、ラーメン、つけ麺、油そばって感じのラインナップを食べた結果から言うと、やはり『麺でる』相模原店はイケてると思うので、是非みなさんも食べに行ってみて下さい。