『ボーイズカレー』の”しょうが焼き”ってどんな感じ?@神保町

『ボーイズカレー』@神保町

東京都千代田区神田神保町2-4

営業時間 11:00~20:00(土曜日は15時まで)

定休日 日曜祝日

『ボーイズカレー』Googleマップで表示

カレーの街”神保町”Now!

まあ、ちょっと気分で”Now!”って言いたいだけだったんですけれども、やはり神保町と言えばカレー、カレーと言えば神保町でして、最近は秋葉原にカレー屋さんが増えたので、店舗数的にはドッコイかと思うのですが、あえて言おう!

「カレーの歴史が違う!」

所詮、秋葉原にポコポコ生えたのは大手企業のチェーン店でして、カレーの歴史としては神保町に比べると浅い、超アサイので神保町とは比べものになりません!

と、言う訳で今回は『ボーイズカレー』に行ってみました。

『しょうが焼き』(800円)

どうでしょう?

このイイ感じのビジュアルな、イイ感じの『しょうが焼き』は?

数多くの生姜焼きと対峙してきた筆者は、一瞬でそのイイ感じな”美味しさ”を感じる事が出来ましたが、みなさんは如何でしょうか?

食べてみるとそのタレの風味もキテるのですが、この肉の柔らかさは一体……。

肉質的には豚のロースだと思うのですが、そのまま焼いただけでは、この柔らかさにはならない予感……。

ま、ここら変の秘密はヨ~ワカランのですが、とにかく尋常ではない”生姜焼き”である事は間違いありません。

味的には生姜感抑えめ、甘口なタレなんですが、それも含めてインパクトがあると思います。

食べた時に「砂糖の甘さとは違うな?」思ったのですが、どうやら正解は”蜂蜜”(ハニー)の甘さの様ですね!

答えを聞くと「ふーん」って感じの無味無臭な感想しか残りませんが、とりあえず蜂蜜の偉大さを思い知る事になると思います。

そして!

生姜焼きと言えば日本の定食なイメージですが、コチラは御飯、もといライスをプレート(皿)で提供するスタイル、すなわち”洋食の店”である事も強調しておきたいと思います。

ご馳走さまでした!

『ボーイズカレー』 総評

と、言う訳で噂の”生姜焼き”を食べて来た訳ですが、まあ確かに生姜焼きとしてはインパクトのある美味しさですが、筆者的にはチョイとボリューム感が足りないかなと。

とは言え、味の方は上々ですので、小食な人にはマストな感じでしょうかね?

筆者的には生姜焼きってガッツリ系のイメージですので、もう1枚くらい肉があっても良くってよと思うのですが、これはこれで人気メニューですので、これはこれで良いと思います。

ちなみにボリュームが足りない時には『カレー付きしょうが焼き』(1000円)ってのもあるので、コチラをチョイスすると幸せになれると思います。

ま、しいて言うなら、メディア側の筆者が言うのもアレなんですけれども、雑誌とかの”格付け”って当てにならないなと思った次第でして、やはり食べ物は個人の嗜好が大きく左右するので、最終的には自分で色々と食べ歩いて、自分にとってベストな店を探すのが良いかなと。

もっとも『ボーイズカレー』も”大関”なだけに、それなりの美味しさはプルーフされているので、「意外と有名な店」って事を参考程度に知っておくのは良いと思います。

ちなみに『ボーイズカレー』と言うネーミングなものの、言うほどのボーイ感はなく、むしろメニューに書いてあるイラストにそっくりな店主が立っているので、あのイラストを描いた人は天才かなと。

それでは、是非みなさんも神保町に行った時には、この『ボーイズカレー』の事を思い出してみて下さい。