【デカ盛り】イチゴパフェ500円、モンブラン350円、以上!【デザート】

『焼肉はせ川』@相模台ら辺

神奈川県相模原市南区 相模台4-11-6

営業時間 17:00~22:00

定休日:水曜日

電話番号 042-765-5858

『焼肉はせ川』(グーグルマップで表示)

久し振りに『焼肉はせ川』など

基本、バンコクでも生きて行けるかな~と思った瞬間もあったのですが、あえて言おう!

「バンコクには”焼肉はせ川”がないと!」

と、言う訳で日本に戻って来てから電話しまくりな感じですが、そう簡単に電話は繋がらず、そう簡単に予約が取れない『焼肉はせ川』で御座います。

ちなみに何度も何度も書いているのでイヤー・オクトパスですが、『焼肉はせ川』は完全予約制ですので、予約してから行きましょう。

「席が空いてたら偶然入れるかも?」

みたいな奇跡は起きないので、まずは予約してみましょう。

『オリジナルジンジャーエール』(300円)

焼肉屋で乾杯と言えばビールが定番ですが、あえてジンジャーエール的な何かで乾杯するのもオツかなと。

ジンジャーエールと言ってもそこら辺の市販品と違い、めっちゃ手作りな奴ですので是非とも試してみて下さい。

そして、後は焼肉を堪能すべし!

この日はメンバーが3人だったのでサラダはスルーして『ポテトサラダ』(100円)くらいが手頃でしょうか?

ま、とりあえず定番の『上タン』から食べてみたりして!

『焼肉はせ川』のタンは厚さが違うので試してガッテン!

基本、肉はどれもイケてるのですが、やはり紙で貼ってある限定と言うかオススメから食べるのがベターです。

『千本すじ焼き』(700円)

牛さんの腿肉の中にある極々一部の”千本スジ”でして、独特な食感が面白い部位で御座います。

コチラ、確かに希少部位ですが腿肉の中に入っているので、お値段は意外とリーズナブル。

と、同時に腿肉ならではの赤身肉の美味しさと、柔らかさを堪能出来るので焼肉マニアならスルー出来ない案件でしょうか?

『ヒレミミ焼き』(1280円)

部位的にはヒレ肉の端っこ、カイノミに近いらしいです。

ゆえに柔らかく旨味と言うかコクがあり、焼肉にしても非常に美味しい部位であるぞと。

『柔らかハラミ』(値段忘れた)

毎回必ず食べているので逆に値段も覚えていない感じで御座います。

言わずと知れた牛の横隔膜でして一応は内臓系ですが、赤身よりも柔らかくローカロリーかつ旨味も濃いので、とりあえず食べておくべき部位ですね。

通常、焼肉言うたら誰もがカルビを欲するかもですが、『焼肉はせ川』の国産和牛はイイトコロの肉が多いので、あえてカルビを食べなくてもミスジとかが安価でたべられるので、カルビは滅多に食べません。

なので、逆に脂っぽくない部位として、ますますハラミの存在が光る訳ですね。

『馬のにぎり寿司』(1500円)

そして!

『焼肉はせ川』初見のメンバーが居る場合、コチラの『馬のにぎり寿司』で”おもてなし”するのがホストの努めで御座います。

今回はヒレ肉っぽいチョー柔らかい赤身肉もミックスされていました!

まあ、あらためて美味しいとか言う必要がない”強烈なビジュアル”ですので言わなくても良いんですが芸風なので、あえて言おう!

「メチャメチャ美味しいか!」

初めて食べる人は必ず感動するアイテムですので、コチラも食べておくべき案件ですね。

あと、熊本の”馬刺し専用のタレ”的なアイテムも導入され、ますます旨さがアップした事を報告していおきましょう。

『サンミケーレ』(700円)

イタリアと聞くとビールのイメージがありませんが、ちゃんとビールもあったりします。

で、コチラがプレミアムなクラフトビール『サンミケーレ』(AIDA)でして、これまたビール好きにはマストなアイテムかと存じます。

ちなみに味の方ですが「高いビールの味がする……貴族みたいな!」(現役女子大生談)との事でして、日本の大学生色々ヤベーなって感じでしょうか?

『近江シャモラーメン』(600円+100円)

要するに近江のシャモ(軍鶏)を使ったラーメン的な何かでして、なんか肉を追加するごとに値段がプラスされるシステムになっています。

まあ、MAXの300グラムを足した所で計700円ですので、そこは300グラムでオーダーして当然ですよね?

まず、先行で肉っぽい何かが出ました。

コチラ、スープの仕上げに使った”追いシャモ”なので骨とかそのまま付いているのですが、そんなに煮込んでいないのでまだ食べられるぞと。

ま、そこまで丁寧に食べなくてもって感じですが、食べれば栄養ですのでざっくり食べておきましょう!

そして!

コチラがメインのラーメンとなります。

まあ、すでに『焼肉はせ川』馴れしている人にとっては日常ですが、知らない人にとっては”デ・カルチャー”な光景でしょうか?

ざっくり麺量は3玉、ないし4玉くらいでして、これで700円とか”ヤック・デ・カルチャー”だと思いますね。

そもそも肉300グラムって100円じゃ買えないんじゃね?

気になる味の方ですが、まずはガラでしっかりとスープを取り、そこに追加の”追い肉”でさらに旨味を追加したスープですので、美味しくない訳がない!

ある意味、『焼肉はせ川』のラーメンにしてはシンプル過ぎる予感ですが、近江シャモの美味しさが存分に味わえるラーメンで御座います。

『イチゴパフェ』(500円)

ま、イチゴの季節はわりと良くでる『イチゴパフェ』ですが、何か?

そんな感じなので筆者もちょいちょい食べている『イチゴパフェ』ですが、ここ最近は店主が”Instagram”を意識し始めたらしく、ちょっと器とかも凝って来た感じでしょうか?

結果、盛りきれなかった”あまおうアイス”は別皿で来ると言う罠で御座います。

まあ、これだけイチゴ感のあるパフェが500円とか、実質”無料”みたいなもんですので、とりあえず食べる1択でいいと思います。

『昭和のモンブラン』(350円)

今回は三人編成なので、サイドではなくデザートで腹具合を調整してみました。

と、言う訳でデザート2品目に突入です!

若干、みなさんがイメージされる”モンブラン”とは、ちょっとビジュアルが違うかもですが、マロンのアイスを特別に4種類使った贅沢な一品で御座います。

(基本的にはアイス1種類です)

ま、そもそもが焼肉屋さんで栗のアイスを4種類用意している時点でアレなんですけれども、食べる側としては大歓迎ですので、まったくもって問題ありません。

しかも350円……神ですか?

『昭和のモンブラン』は、ある意味『焼肉はせ川』を象徴するデザートですので、是非みなさんも食べてみて下さい。

ご馳走さまでした!

『焼肉はせ川』 総評

と、言う感じで色々と食べたのですが、結果から言うと”ゆとり教育がもたらしたダメージ”と言うか、「今時の女子大生ヤベーな……。」みたいな印象が強かったのですが、何はともあれ『焼肉はせ川』ヤベーなって事でよろしいかと。

ちなみにスゲー細かい事だし知っても知らなくて良い情報かもですが、特に書く事もなくなったので尺を埋める為に、あえて言おう!

「店の電球がLEDになったと!!」

多分、そんなに大事な案件ではないと思うのですが、恐らく店主が”インスタ映え”を意識した結果の産物と思われ、前よりも店内が明るいので多少は写真が撮りやすくなった事も報告しておきましょう。

そんな感じで、そもそも予約取れない感は否めませんが、週末が良いとか欲張らずに平日狙いなら普通にワンチャンあると思うので、是非みなさんも2名以上(ボッチ予約は不可)ないし4名くらいで予約してみたらいいじゃない。

終わり。