『こんごう庵』ハゼの天麩羅&蕎麦って感じで、どうでしょう?@神保町

『こんごう庵』@神保町店

東京都千代田区神田神保町1-18-1 千石屋ビル1F

営業時間 11:30~14:00 17:00~22:00

土日祝日 11:30~15:00 17:00~20:00

定休日 年末年始&お盆

『こんごう庵』Googleマップで表示

カレーの連食はキツい事が判明!

そもそもがランチで4食とか修行以外の何者でもないのですが、ラーメン4杯とかはイケるとしても、カレー4食は普通に無理な事が判明しました。

せいぜい2連続が限界みたいな?

別にボリューム的にキツいって訳では無くて、なんと言うか「情報量が多すぎて無理!」みたいな?

なんかスパイスの感じとか細かいパーツが多すぎて、3軒目くらいになると処理しきれなくてアバウトになっちゃうんですよね。

多分、舌の方ではちゃんと味を捉えているんですけど、脳味噌の方で直前に食べたカレーと被っちゃって正確な判断が出来ない……ような気がする今日この頃で御座います。

そもそも、カレーを2食3食と連続で食べ比べるシチュエーションを経験する人が、どんだけ存在するのかって話でして、多分フツーの人にはポカーンな話だと思うんですけれど!

と、言う訳でカレーを2食クリアしたので『伊峡』辺りで平和に終わろうと思ったのですが、あえて言おう!

「ハゼの天麩羅ですと?」

これはスルー出来ない案件ではなかろうか?

まったくもってノーマークな店ですが、ハゼの天麩羅モチベが高まった今、他の選択肢はノーチャンスで御座います。

『ハゼときのこ天そば』(950円)

『ハゼときのこ天丼定食』(950円)との二択だったのですが、ライスよりも蕎麦りたい自分が居たので、ここは『ハゼときのこ天そば』を頂く事にします。

どうでしょう?

なかなかイイ感じの天麩羅蕎麦じゃなかろうか?

まず、天麩羅と言えば海老が一番人気だとは思いますが、関西であれば”はも天”(鱧ハモはも)こそ至高、関東ならば”ハゼ天”かなと思っている筆者です。

ま、そこは”キス天”とで人気が分かれる案件ですが、江戸前って事ならハゼだと思うんですよね。

と、言う訳でハゼの天麩羅が食べたかったので、筆者的にはこの時点で満足で御座います。

しかもハゼ天は2枚、2匹分なので950円はリーズナブルじゃなかろうか?

ちなみに蕎麦は温かいのと冷たいのが選べるのですが、ここ最近は”ぶっかけ”(冷たい汁がかかってる奴)がマイブームですし、生来のキャットタンですので冷たい方しか眼中にありません。

逆に、そば汁と言うか出汁が冷たい方が蕎麦自体は締まって美味しいし、湯気がない分だけ天麩羅もサクサク感が残るので、チョイス的には正解かなと。

ハゼの淡泊ながらも微妙にハゼっぽい風味とか、きのこは筆者の好きな舞茸だったりと天麩羅もイイ感じなのですが、何気に『こんごう庵』の蕎麦も美味しい可能性……あると思います。

ちなみに卓上には無料の”天かす”があった事も報告しておきましょう。

ご馳走様でした!

『こんごう庵』 総評

天麩羅も蕎麦も美味しかったし、大好きなハゼ天も食べれたので筆者的には大満足で御座います。

実際、日替わりっぽいメニューは季節感も盛り込まれていて、値段も1000円に納める様に頑張ってるし、さりげなくボリューム感もあるので、これはランチにうるさい神保町界隈のサラリーマン達にも人気があるのは、当然かなと思った次第です。

ゆえにランチタイムは満席でして、グルメな街”神保町”でも大人気って時点で、味の方はそれなりプルーフされていると思いますね。

また、季節と言うか”旬”を意識した日替わりを用意する辺り、分かってらっしゃると思うんで、この店なら夜に日本酒で軽く流すってのも有りかなと。

と、言う訳で神保町には旨いメシ屋が沢山あるのですが、この『こんごう庵』もイイ感じですので、行った事が無い人は是非とも食べに行ってみて下さい。