『高良食堂』カツ丼、そば、まぐろ丼、冷し沖縄そば等々を食す!@沖縄県那覇市

『高良食堂』@那覇

沖縄県那覇市若狭1-7-10

営業時間 10:30~20:30(水曜日は15時まで)

定休日 不定休

『高良食堂』Googleマップで表示

それとなく沖縄初上陸!

昔々に買ったJAL旅行券の使用期限が迫っていたため、1月くらいに北海道の札幌に行って来た筆者ですが、何気にまだ3万円分くらい残っている罠で御座います。

と、言う訳で再び札幌に行こうと思ったのですが、あえて言おう!

「正直、沖縄には行った事がないと!」

基本、暑いのは嫌いなので沖縄とか無理ゲーと思って暮らしていた訳ですが、良く考えたらタイに何ヶ月間も出張していた事を考えると、沖縄くらい余裕じゃね?みたいな?

まあ、ちょっと前まで最高気温35度のホットな国に居たのですから、沖縄の暑さ如きどうと言う事は無いと。

すると、どうでしょう?

沖縄初日からガッツリ雨、むしろ東京よりも寒いと言う罠で御座います……。

流石に短パンでは来なかったものの、アロハシャツしか持ってねぇよ!

みたいな諸事情はさておき、わりと地元民にも人気のあるベタベタに沖縄ライクな『高良食堂』にインしてみました。

『カツ丼そばセット』(600円)

と、言う訳でコチラが噂の『カツ丼そばセット』で御座います。

どうでしょう?

これで600円とか、まさに”価格破壊”って感じの値段設定ですが、ある意味コレが沖縄の昔ながらの定食屋価格って事で御座います。

まずは”そば”の方から頂きましょう。

あえて沖縄そばと表記しないのは、やはり三枚肉が無いからでしょうか?

替わりに鶏肉的な何かが乗っていまして、これはこれで美味しいので問題ないですね。

沖縄そば独特の食感がある麺と、豚と鰹節メインの塩味スープはシンプルながら響く味で御座います。

そして!

カツ丼の方も普通にフルサイズでして、このセットで600円は流石に那覇市でもコスパが高いと言われる『高良食堂』だけが成せる技だと思います。

気になる味の方ですが、見た目通り醤油感は薄めながらも、しっかり出汁の風味はあるので”そば”の出汁で割った感じでしょうかね?

ま、何はともあれカツ丼として普通に美味しいので筆者的には満足で御座います。

『冷し沖縄そば&まぐろ丼セット』(650円)

先日の夜は売り切れだったので、改めて『冷し沖縄そば&まぐろ丼セット』を求めて訪れてみました。

ほほう……筆者の想像していた”冷し沖縄そば”とは全然違うビジュアルですが、記事的にグラフィックが被らないのは有り難いですな。

ちなみに上に乗っている肉は鶏肉ですが、醤油味で柔らかく煮込まれていて美味しいので、豚肉じゃなくても問題ないかな?

胡麻ダレ的なのがかかっているので”ラーメンサラダ”みたいな側面も無きにしも非ずって感じでして、オリジナリティーも含めて高評価です。

つけ汁は普通に”めんつゆ”的な何かでして、沖縄らしさと言えば、やはり麺の違いくらいでしょうか?

普通のそばも素敵ですが、暑い時にはコチラの方が幸せになれる予感で御座います。

そして!

気になる”まぐろ丼”の方ですが、これは流石に値段がそのまま反映された感は否めないでしょうか?

逆に、まぐろ丼よりも”冷し沖縄そば”が主役だと思うと、650円も激安だと思うんで気持ちの問題だと思います。

ご馳走様でした!

『高良食堂』 総評

流石に地元民の間でもハイコストパフォーマンスな店で知られる『高良食堂』だけに、どの定食もお値段以上のニトリ感がありました。

意外と沖縄っぽいメニューの他に、グラタンやドリアなどの洋食系もあるので、毎日食べに行っても飽きさせないだけの、豊富なレパートリーがあるんじゃなかろうか?

ちなみに『高良食堂』は券売機方式ですが、あえて言おう!

「券売機に無い奴は値段で合わせろ!」

つまり650円の定食ならば、”650円”と書いてある食券を買って、食券を渡す時に食べたいメニューを言う感じですので御了承下さい。

と、言う訳で筆者もかなり気に入った『高良食堂』ですので、是非みなさんも那覇ら辺に行ったなら食べてみてもいいじゃない。