【沖縄そば?】『どらえもん』で”宮古そば”を食べたらいいじゃない@沖縄県那覇市【宮古そば】

『どらえもん』@国際通り店

沖縄県那覇市久茂地3-2-17

営業時間 11:00~23:00

定休日 正月休み有り

『どらえもん』Googleマップで表示

”宮古そば”ってどんな感じ?

それとなく『田舎』で”ソーキそば”を食べて以来、すっかりハマった訳でして、これは”沖縄そば系”を攻略するしかないと思った次第ですが、あえて言おう!

「いや、前から沖縄そば好きですし!」

ま、流石に本場と言うか沖縄ですと”沖縄そば”も2割増しで美味しい気がするし、そもそも本土だと感動するほど美味しい店には、滅多に出会わない罠で御座います。

ちなみに沖縄的には”沖縄そば””ステーキ”かなって思うのですが、ステーキだと予算的にキツいし、肉は消化に時間が掛かるので、ここは食べ歩きしやすい”沖縄そば”をテーマにしたらいいじゃない。

と、言う訳で『どらえもん』に来てみました。

この非常に入りにくい感じの入り口から入って、階段を上がって2階になります。

ってか、『スナック&サロン愛』との一体感……キテますね。

ちなみに『どらえもん』であって”ドラえもん”ではない事はアピールしておきましょう。

『宮古そば』(550円)

「沖縄そば食べるんちゃうんかい!」

みたいな突っ込み、誠にありがとう御座います。

一般的に”沖縄そば”とひとくくりにされていますが、実は細かいレギュレーションがあるっぽいですよ?

沖縄そばは、まあ大体「沖縄のそば」って意味合いです。

明確には”ソーキそば”などとの違い等々あるのですが、まあ沖縄のラーメンっぽい奴の総称って意味で多く使われています。

で、後は麺の違いで”八重山そば””宮古そば”の系列に分かれます。(大東そばってのも有る)

麺の断面が丸いのが八重山そば、平打ちなのが宮古そばです。

ちなみに「宮古そばは具を麺の下に隠す!」ってのが宮古そばの条件みたいに書かれていますが、上に乗せたら違うのかって言われると、やはり宮古そばと呼ばれるので、最終的には麺の違いが決定的な差になるらしいですよ?

と、言う事を知らずに『どらえもん』の『宮古そば』(550円)を見た瞬間に「ファッ!」っとなった筆者ですが、ちゃんと麺の下には”三枚肉、かまぼこ”が入っていた事も報告しておきましょう。

気になる味の方ですが、麺は宮古そばのトップブランド”亀濱麺”、出汁は鰹節の香りが強くキリっとした味わいで御座います。

流石に専門店だけに、麺とスープのコダワリを感じる『どらえもん』でして、この店も必食なんじゃなかろうか?

ご馳走様でした!

『どらえもん』 総評

場所がちょっと分かりにくいのですが、今はスマホで検索すれば余裕ですので、そんなに難しくはないかなと。

国際通りら辺ですので、多くの観光客が足を運ぶ地域でして、そう言った意味では『田舎』よりもロケーションは良いかもです。

味の方も”宮古そば”の王道的な感じですし接客もフレンドリーなので、沖縄観光的には外せない店かと思います。

と、言う訳でイイ感じの『どらえもん』ですので、是非みなさんんも食べに行ってみて下さい。