『麺屋歩夢』”小豚ラーメン”ニンニクヤサイアブラをキメる!@相模原

『麺屋歩夢』(あゆむ)@淵野辺本町

神奈川県相模原市中央区淵野辺本町3-29-13

営業時間 11:00~15:00 17:00~21:00

(日曜日は昼営業のみ)

定休日 月曜日

『歩夢』Googleマップで表示

相模原、G系の聖地と化す!

『豚星。』で修行していた人が独立オープンしたのが『歩夢』でして、いわゆるG系、それとなく二郎インスパイアなラーメン屋さんが出来ました。

と、言うか。

昔からある『ラーメン学』(現スパルタン学)、同じく4月にオープンした『麺でる』、それなり古株の『大勝軒直伝金太郎』、G系もある『ラーメン三浦屋』、相模原唯一の本家『ラーメン二郎相模大野店』(スモジ)って感じでして、かなりG系ラーメンに関しては充実して来た可能性……あると思います。

まったくもって無個性、と言うかセントラルキッチンと言う名の工場で作ったスープを使う”〇〇〇家”みたいなエセ家系ラーメンが増殖するよりも、それなり個性的なG系が多くなるのは、相模原市民的には大歓迎ですが。

ちなみに『豚星。』はG系でも味に定評がある実力店でして、この『歩夢』は多くの人が注目している感じでしょうか?

システム的には店の入り口にある券売機で食券を買ってから、列に並ぶ感じですので覚えておきましょう。

またレンゲとコップ&水は店内の入り口ら辺、テーブル席もあるので友達を連れて行くのも有りですね。

『小豚ラーメン』(950円)

コールは”ニンニク、ヤサイ、アブラ”って感じでどうでしょう?

なかなか迫力のあるビジュアルでして、特に艶々のアブラがエロいですな。

筆者的には健康面を考えて”アブラ”(背脂)はスルー案件なのですが、この『歩夢』は「アブラが旨い!」との意見が多いので、写真的に必要と思った次第です。

結果、アブラのコールは非常に有効でして、アブラ自体に味がしっかり付いているので、これだけでヤサイ(モヤシ的な何か)をかなり食べ進める事が出来ます。

つまり、アブラ増しは必須だぞと。

んで。

さらに今回は『小豚ラーメン』ですので、ブタ(チャーシュー)も増されているのですが、あえて言おう!

「このブタは旨いと!!」

柔らかいだけではなく、ちゃんと豚肉の美味しさが残っているのが最高ですね。

ここまでブタの美味しさを引き出せるなら”ブタ増しは必須”ですし、”パサ豚”を警戒する必要は無いと思います。

スープの方は朝イチってのもあり非乳化って感じですが、スープ自体はライトではなく、しっかり旨味が出ています。

夜の方は乳化を意識してるらしいので、昼と夜で二度愉しめる可能性……あると思います。

今回、アブラの方に味が付いているとの事で、あえてカラメはコールしていませんが、卓上にはタレ的な何かがあるので、初見であればカラメコール無しで様子を見て、足りなかったらタレをセルフで使った方がベターですかね?

他には七味(一味?)とコショウが置いてありました。

麺の方はかなりの低加水かつ太麺、幅広なのでスープの運びも上々でして、これまた高評価で御座います。

とは言え、そこまで極端にスープを吸う感じではない(麺の色が変わらない)ので、特に天地返しとか必要ないかなと。

二郎的な目線で言えば麺量の方は『ラーメン二郎相模大野店』くらいでしょうかね?

麺量は多い方だと思います。

ん~……特に欠点が見当たらない感じでして、コレは2018年の目玉になるかもですね。

ご馳走さまでした!

『麺屋歩夢』 総評

ラーメンの味、ボリューム、価格も良いバランスですし、オペレーションや接客、行列対策もばっちりでして、まったく持って欠点が見当たらない『歩夢』ですが、あえて言おう!

「ココはすぐに補修すべき案件!」

ま、これは大家さん側の問題ですが、これが落ちると行列に並んでいる人の頭を直撃する可能性が大ですので、一刻も早く大家さんに言って修復するなり落とすなりした方が良いかなと。

(ラーメンとは、まったく関係ない話で恐縮ですが)

ちなみに駐車場もあるし、サイズ的にも『ミニラーメン』(700円)があるので、わりと利用しやすいんじゃなかろうか?

(セブンイレブンには絶対に駐車しないで下さい!)

さらに『小つけ麺』(850円)の他に、『小汁無し』(830円)とか、『辛い小汁無し』(930円)などの”汁無し系”もデビューするらしく、ほぼほぼ死角のない『歩夢』かなと。

ちなみにニンニクはかなりガッツリ入るので、多くの人が「ニンニク少な目」的なコールをしていた事も付け加えておきましょう。

と、言う訳でコッチ系のラーメンが好きな人には超オススメですので、是非みなさんも『歩夢』に食べに行ってみて下さい。