【那覇】『足立屋』のモーニングが最強過ぎてツライのですが?【立ち飲み】

『足立屋』@沖縄県那覇市

沖縄県那覇市松尾2-10-20

営業時間 6:00~22:00

定休日 無休

『足立屋』Googleマップで表示

立ち飲みモーニングサービスが鬼!

そんなこんなで沖縄です。

まあ、「沖縄なんか行かねーし!」って人も居ると思うし、筆者も沖縄なんか暑くて行ってられるか派だったのですが、あえて言おう!

「何事も経験じゃね?」

好きとか嫌いとかじゃなくて、人生経験として1回は行くべきだと思うし、行ってイマイチだったら二度と行かなきゃ良いだけですので、なるべく早いうちに行っちゃった方が良いと思います。

で。

それとなくディープなゾーンを歩いていたら、めちゃめちゃ気になる張り紙に惹かれた次第です。

「立ち飲み屋のモーニングだと?」

お酒2杯と”めざし3匹相当”(?)で500円とか、めざしの意味が分からないのですが得する予感しかない!

と、言う訳で翌朝、仕掛けてみた次第です。

ん~……沖縄に居るのに毎日が雨とかシネって感想しか出ないのですが、”雨が降る中、朝から酒を飲む”ってのも非日常的な行動でして、それまた旅行の醍醐味じゃない?

さすがに朝イチから行っても2軒目の店が開くまで暇過ぎるので、10時チョイ前に行ってみたのですが、あえて言おう!

「え?わりとお客さん多くない?」

自分も大概ですけれども、朝から酒呑んでるとか余裕過ぎるだろが。

そして!

こんな感じの”酔っ払いの落書き”みたいなのって意外と飽きないと言うか、希に天才が現れるので面白いですよね~

メニュー全般安いので、2千円くらいあればイケるんじゃないでしょうか?

こういう酒場が近所にあったら、駄目人間になる自信がある筆者で御座います。

『モーニングセット』(500円)

こんな感じでどうでしょう?

『足立屋』は立ち飲み的な店ですが、一応は椅子もあるし屋根もあるので雨が降っても大丈夫!

ちなみに”ホッピー”の栓が酒の引き替え券みたいな感じでして、ちゃんと2杯飲めるので安心して下さい。

セットの肴はチョイス出来るのですが、なんとなく焼き魚的な鯖をチョイスしてみました。

ま、ちょいと小振りではありますが、500円なら下手すりゃ”お通し代”で終わっちゃう金額ですので、鯖が食べられるだけ有り難いと思います。

そして2杯目……ハイボールのウイスキーが増えてるw

この時点で結構イイ感じになれるので、『足立屋』のモーニングは最強って事で良いと思います。

『もつ煮込み』(300円)

創業以来継ぎ足しの『もつ煮込み』って事でして、これは食べざるを得ない案件ではなかろうか?

ほほう……300円と言う値段を感じさせないモツ感でして、これぞ”モツ煮込み”って感じでいいじゃない。

味の方もなかなかオツな感じでして、やはりモツ煮込みは偉大だなと思った次第です。

『厚切りハムカツ』(350円)

メニューが豊富なので何を食べるかチョイチョイ悩んだのですが、まだ魚と言うか刺身系は入ってなかったっぽいので、ハムカツ的な何かをオーダーしました。

どうでしょう?

これで350円なら幸せじゃないですか?

合わせる酒はせっかくですので店の名前を冠した『足立サワー』(250円)をチョイスです。

『おすすめ串焼き4点盛』(250円)

これで4点盛りとか……確かに4点には違いないものの、確実に”女将案件”に発展する可能性は否めませんが、まあ250円ですので水に流しましょう。

とは言え、串焼きが100円とか50円の『足立屋』なので、セットでオーダーしても1㎜も得してない予感でして、串焼きに関しては好みで単品オーダーするのが正解だともアドバイスしておきましょう。

何はともあれご馳走さまでした!

『足立屋』 総評

さすがに那覇でも指折りの”センベロの聖地”と呼ばれているだけに、コスパに関してはぶっちぎりだと思います。

そして何より、朝6時から酒が飲めるってのは、こうして雨に降られて予定が無くなってしまった人にとっては救いかなと。

ちなみに今回、別にセンベロがテーマでは無いので好きな様に食べて飲んでってフリースタイルだったのですが、ちゃんと”センベロセット”みたいなのもあるので、モーニングタイム(朝6~昼10時)以外だったら、そこから入るのも有りだと思います。

と、言う訳で那覇で昼から飲むなら『足立屋』1択で良いと思うので、是非みなさんも飲みに行ってみて下さい。