【浅草開化楼】『ラーメン大至』の至って素朴なラーメンとやらを食べてみた@湯島【傾奇者】

『ラーメン大至』@湯島

東京都文京区湯島2-1-2 佐藤ビル1F

営業時間 11:00~15:00 17:00~20:45

(土曜日は11:00~15:00)

定休日 日曜日祝日

『ラーメン大至』Googleマップで表示

湯島ら辺ってどんな感じ?

秋葉原を中心に南と東はガッツリ食べたのですが、神田明神から西側は意外と未開拓だったので、そろそろタイミングかなと思った次第。

ってか、ここら辺は歩いた事すら無いのですが、なかなか渋い店やラーメン屋さんがある感じでして、ちょっとした穴場感がありますな。

と、言う訳でまずは検索されやすいラーメン系から攻めてみますかね?

ほほう……店名からして渋い感じを予想していたのですが、ちょいと前に建物自体を立て替えてリニューアルしている模様。

ま、建物の老朽化で建て替えるかどうかってタイミングは、結構な確率で廃業しちゃう世知辛い昨今、成功したのはナイスです。

とりあえず食券の販売機を見て3秒悩んだのですが、限定メニューよりもまずはスタンダードな奴をレビューすべきでしょうか?

「流行を追わず奇をてらわず、至って素朴なラーメンを、至極真摯に手間掛け作る。」

byラーメン大至

「流行を追わず奇をてらわず」

「至って素朴なラーメンを」

面白い奴だな気に入った。コロスのは最後にしてやる。

『ラーメン』(700円)

そんなこんなで一番ベーシックな『ラーメン』を頂く事にします。

ほほう……ここら辺は真面目にやってる感が出てますな。

素朴なビジュアルながらも、芯のある主張が伝わります。

例えば……このナルトとか?

ちなみに玉子は味玉ではなく普通に茹で玉子ですが、それはそれでガッツ石松(OK牧場)です。

チャーシューはバラ肉と腿肉って感じでしょうか?

スープの方は……鶏ベース&豚骨?って感じで、まあ分かりやすくいうと”昔ながらの中華そば”って感じの王道的な味ですが、何気に洗練されていると思います。

もっと分かりやすく言うと、通常のザクの3倍くらいの美味しさ。

麺の方は日清製粉のラーメン専用?小麦粉的な”傾奇者”(浅草開化楼)って感じでして、コチラもコダワリが感じられます。

結果、トータルとしてちょいちょい美味しいと思いますし、いかにもTOKYOっぽいラーメンなのでイイ感じかなと。

ご馳走さまでした!

『ラーメン大至』 総評

人によっては「メチャメチャ美味しいラーメン!」みたいな評価ですが、筆者的には普通?

ま、確かに普通よりチョイ旨ではありますが、大騒ぎする感じではないかなと。

ここら辺は嗜好の違いって事で、ハマる人にはハマる要素があると思うのですが、ここ最近は最先端のラーメンを食べてるので、やはり醤油の使い方などなど町中華の域を出ないかなって感想で御座います。

逆に”町中華”(町の中華料理屋さんの略だそうで)ってのを極めたって事ならば、看板通りに極めつつあると思います。

まあ、ラーメン的には関係ないし、あえて書かなくても良いとは思うのですが、お約束ですので、あえて言おう!

「面白い奴だな気に入っ(略」

なんでしょうね。

面白い分には良いと思うんですけれども、ピンポイントでふざけられると対処に困るんで、店の方向性を考えると、このテプラは本当に必要なのか小一時間で御座います。

と、言う訳で最終的には「美味しいの?美味しくないの?」って言われたら、テプラでちょいとイラっとする場面はありますが、ラーメン的には間違いなく美味しい奴ですので、是非みなさんも『ラーメン大至』で食べてみて下さい。