白河ラーメン『竹の助』で美味しい”ワンタン麺”など如何でしょうか?@町田

手打ち中華そば『竹の助』@町田市

東京都町田市三輪町165-2

営業時間 11:30~15:00 17:00~20:00

定休日 木曜日&第1水曜日

『竹の助』Googleマップで表示

知られざる白河ラーメンの実力店!

いわゆる『とら食堂』が発祥とされる福島県白河市の地ラーメンでして、最大の特徴は青竹などを使った”手打ち麺”で御座います。

って事ですと、町田市には『一番いちばん』と言うメジャーどころもありますが、実は『竹の助』って店も自家製の手打ち麺で頑張っておりまして、場所柄メジャーではないものの、そのポテンシャルは高いと判断、ちゃちゃっと食べに行ってみた次第です。

メニューは大体こんな感じでして、迷ったら全部載せの『特製中華』(1100円)が間違いないかなと。

券売機で食券を買い席に着く感じですが、何気に人気店で満席になるので、座るときは端から詰めて座りましょう。

『ワンタン麺』(900円)

こんな感じでどうでしょう?

基本メニューから紹介してナンボな気がしますが、やはりワンタンはスルー出来ない案件ですので、最初から『ワンタン麺』を食べさせて頂きます。

こうして見ると、やはりチャーシューやワンタンに目が行ってしまいますが、やはり白河ラーメンの真骨頂は麺だと思うので、そこら辺はしっかり味わって欲しいと思いますね。

スープの方は鶏ガラベースと思われ、しっかりした出汁が出ています。

もっとも、最近の意識高い系の丸鶏をふんだんに使ったスープと比べると、若干おとなしい感じでもありますが、逆に”白河ラーメンらしさ”って事では、この味が正解だと思います。

ここら辺は技術云々ではなく、あくまでも店主の方向性が”基本の白河ラーメン”って原点に向いているのかなと。

そう考えると、この”中華そば”ライクなスープも納得でして、大正解だと思います。

そして!

麺の方ですがコレはなかなかレベルが高い感じでして、白河ラーメンの基本に忠実と言うか、しっかりした平打ち縮れ麺に仕上がっています。

ん~……この美味しさなら麺は大盛りにした方が正解だったかも?

気になるワンタンの方ですがコチラも美味しい奴でして、『竹の助』ならワンタンは必須である事も報告しておきましょう。

チャーシューもスモークが一手間加えられていたりと、細かい所にもコダワリがある感じでして、誠に美味しいラーメンです。

ご馳走さまでした!

手打ち中華そば『竹の助』 総評

場所が場所だけに今の所はメジャーとは言い難い感じの『竹の助』ですが、やはりそのラーメンの美味しさはジワジワと拡散されている感じでして、何かきっかけがあればブレイクするだけの実力店だと思います。

まずラーメンとして大事なスープと麺の美味しさ、他の具材それぞれのバランス等々、シンプルながらしっかり基本を抑えていて、それらが実直な美味しさに繋がっている感じでしょうか?

ちなみに鶴川駅からは800メートルくらいあって駅チカとは言い難いのですが、駐車場は5台分あるっぽいので、ワンチャンあると思います。

そんな感じでオススメの『竹の助』ですので、是非みなさんも食べに行ってみて下さい。