【麺屋】「G系のラーメンにはニンニク!」と言う固定概念を覆したい【歩夢】

ニンニクよりもショウガじゃね?

昨今、G系と言えばニンニクのトッピングが定番ですが、あえて言おう!

「むしろ時代はショウガじゃね?」

と、言う訳で今は結構、ショウガ(生姜)のトッピングを推して来る店がありまして、この『麺屋歩夢』の券売機にも『ショウガ』(50円)と『ショウガW』(100円)が有ったり無かったりします。

『小ラーメン+ショウガW』(850円)

そんなこんなで『小ラーメン』(750円)に『ショウガW』(100円)をプラスしたのが、コチラのラーメンとなります。

ちなみに今回はコール無し、ショウガのみにクローズアップしたオーダーでして、とにかく麺とスープをショウガで味わう本気モードである事も追記しておきましょう。

まず……圧倒的なジンジャー感!

からのショウガ&ショウガ感!!

むしろ生姜しか見えないくらいの圧倒的ショウガ感に、筆者のテンションも最高潮で御座います!!!

ここまでのショウガ感があると、もはや薬味やトッピングを言うよりは、完全に”ラーメンの具”として成立している可能性……あると思います。

ゆえに『麺屋歩夢』の美味しい麺にも絡みまくりでして、今までに食べた奴とは明らかに様子が変わって来ています。

さらに!

時間と共にスープにショウガの風味が溶け込むので、スープ全体にショウガの旨味が広がっていると言う……最高か?

最高なのか?

ま、そもそもが醤油味のラーメンにショウガ、しかも豚感の強いコッチ系のスープですので、その美味しさは”豚肉の生姜焼き”に通じるモノがありますな。

つまり、日本人の98%は好きな味に仕上がっていると言っても過言ではなく、『麺屋歩夢』にショウガトッピングってのは、ある意味鉄板の組み合わだと思います。

ん~……G系だとどうしてもジャンクな方向に向かってトッピングしがちですが、『麺屋歩夢』くらい麺とスープの完成度が高いと、逆にショウガをトッピングした方が絶対に美味しいと思うんですよね。

ご馳走さまでした!

『小ラーメン with ショウガW』 総評

ま、一番最初に『麺屋歩夢』で食べた時に、そのスープの完成度の高さからショウガを狙っていた筆者ですが、その読みはズバリ的中した感じでしょうかね?

勿論、いつもの様にニンニクコールで頂くのも正解なのですが、この”ショウガW”くらいショウガをブチ込むとスープの印象もガラリと変わるので、時にはショウガ責めも悪くないと思います。

むしろ、普段からコッチメインでも良いんじゃなかろうか?

しいて言うなら今回”ブタマシ”、すなわちベースを『小豚ラーメン』にしなかったのは失敗でして、正解は『小豚ラーメンショウガW』の”アブラ”コールが100点解答だと感じました。

と、言う訳でここら辺は個人の好みなんでアレなんですけれども、ショウガが嫌いで無ければ是非”ショウガWトッピング”を試してみて下さい。