【G系】『麺屋歩夢』で”小豚汁無し”的なラーメンを食べて来たので御報告@相模原【まぜそば】

『麺屋歩夢』@淵野辺駅から歩くと(略

神奈川県相模原市中央区淵野辺本町3-29-13

営業時間 11:00~15:00 17:00~21:00

定休日 月曜日

『歩夢』Googleマップで表示

いよいよ汁無しデビューですと?

今、相模原で一番ホットな『麺屋歩夢』でして、GW期間中も多くの人が訪れている感じですが、あえて言おう!

「5月5日汁無し有ります!」

いや、そんなのTwitterの告知で知ってるがな説は否定しませんが、世の中の人が全員Twitterをやってる訳でもなく、意外とこういう情報を知らない人が少なくない可能性……あると思います。

とは言え、今時は限定ラーメンとか臨時休業とかもTwitterで告知するのが当たり前な時代ですので、とりあえず『麺屋歩夢』の公式はフォローしておいたら良いじゃない。

(公式アカウント)麺屋 歩夢@menya_ayumu

『小豚汁無し』(1030円)

こんな感じで如何でしょうか?

『汁無し』にはデフォルトで生卵が付属するので、そこら辺を使ってエンジョイする感じですかね。

コール的には”ニンニク、ヤサイ、アブラ”で御座います。

やはり『麺屋歩夢』ではアブラをコールしないのは勿体ないと思うし、ヤサイとの相性は抜群ですのでココら辺は外せませんな。

本日のアブラも誠にエロい仕上がりでして、この時点で勝利を確信した筆者です。

とりあえず今日のブタは腕肉的な部位が多い感じですが、ここら辺はランダムですので御了承下さい。

とは言え、ブタで外れた事が無いので、やはり『小汁無し』(830円)よりも『小豚汁無し』の方が絶対にオススメと言っておきましょう。

ん~豚バラ的なのも好きですが、このムッチリした腕肉的なのも美味しいんですよね!

そして!

とりあえず『汁無し』デビューですので詳細を語っておきますと、あらかじめ麺は軽く汁的なタレと和えてありまして、その時点で一味とブラックペッパーがかなり加えられている感じ、つまり三行で書くと”スパイシーな仕上がり”となっております。

ですので、ここら辺のソリッドな感じを味わう為にも、最初は生卵を使わずにチョイチョイ食べてみると良いんじゃないでしょうか?

他にもフライドオニオン的なアイテムが加わっていて、これがタレ的な何かを吸収しつつ麺に絡むので、しっかりタレの味もエンジョイ出来る使用で御座います。

そして!

コイツを生卵に潜らせる事で、より悪魔的な旨さを発揮する可能性……あると思います。

これがオツな感じでして、濃いめな味をイイ感じに中和してくれます。

ちなみに筆者が食べてみた感じですと、わりと早い段階で生卵が無くなってしまうので、『生たまご』(50円)の食券を1枚足してみるのも一興だと思います。

汁は少ない感じですがアブラ感は増しているので、半分くらい食べたら大きく混ぜるか、天地を返してみたら良いかもですね。

ご馳走さまでした!

『小豚汁無し』 総評

ちなみに今回はGWと言うか”子供の日”の限定でして、まだまだ『小豚汁無し』もレギュラー化されてはいない事は報告しておきたいと思います。

と、同時に「人気が出たらやろうかな?」みたいなニュアンスの事も言っていたので、Twitter辺りで「汁無し旨かった!」的なのを連呼しておくと、標準化される日が早まる可能性はあると思います。

今日食べた感じですと、すでに『汁無し』のスタイルと言うか構想は固まっていて、後は人的リソースとかオペレーションの問題って感じでしょうかね?

そんな感じで今日は行列もソコソコ鬼だったのですが、回転の方も早いので30分、ないし小一時間も並ぶ覚悟があれば大丈夫だと思います。

ま、慌てずにレギュラー化を待つと言うのもひとつの作戦ですが、何はともあれ『小豚汁無し』も安定の美味しさだったので、気になる人は食べに行ってみて下さい。