『村田屋』でチャーシュー麺的な何かを食べてみる@相模原

『村田屋』@相模原

神奈川県相模原市中央区 中央1-9-19

営業時間 11:00~翌朝5:31

定休日 月曜日

『村田屋』Googleマップで表示

相模原と言えば『村田屋』である!

ま、筆者もそれなり相模原歴は長いので、その主張には異議があるのですが、一昔前で言えば確かに『村田屋』の影響は大きいかなと。

いわゆる北海道らーめんと言うか『おやじ』、『長浜らーめん』と『村田屋』ってのが人気でして、特に深夜も営業している『長浜らーめん』と『村田屋』は、ヤンチャな人元気な若人に人気です。

で、良くある会話が「長浜と村田屋どっちが美味いのか?」みたいな感じでして、筆者的には「どうでもいいわ……。」って思うものの、その二店をディスる事は相模原において”村八分”を意味するので、それとなく話を合わせるパターンで御座います。

『チャーシュー麺』850円

こんな感じですが?

大雑把に説明すると、いわゆる豚骨醤油に魚介系、麺は博多的な細麺って感じです。

ちなみに胡麻的な何かはデフォルトでブチ込んでありまして、有無を言わさずコレで喰え的な相模原っぽい推しを感じます。

ま、胡麻は嫌いじゃないので筆者的には有りですが。

スープの方ですがコレはなかなかイケてまして、超強火でガンガンに豚骨と魚介(節的な何か)を炊くので、なかなか芯の強いスープになっています。

もっとも素人の意見で恐縮ですが、豚骨をガンガンに炊くのは正解としても、節系はガンガンに炊いちゃうと香りが飛ぶので如何なモノかと存じます。

ま、そこら辺は節系の繊細な風味を引き出すと言うよりは、豚骨臭さをマスキングするくらいの体と思われ、細けぇ事はいいんだよ感が半端ありません。

で、タレと言うか醤油感の方も濃いめでして、ちょっと塩っぱいかな~みたいな?

ま、そういう大雑把メリハリのある味で人気があるのですから、それが正解と言うか相模原人の好みなのかなと。

麺の方は細麺で替え玉とかもあるので、博多的な何かを彷彿させますが、言う程アッチ系の麺が好きではない相模原人に合わせて、微妙にコッチ向けにチューニングしている感じです。

個人的には『村田屋』のスープの太さ、塩っぱさで言えば細麺じゃなくてもって思うのですが、これで人気があるのですから、これもひとつの正解なのでしょう。

今回、チャーシュー麺的な何かですのでチャーシューについても語るべきですが、あえて言おう!

「チャーシューは美味しいかな?」

ご馳走さまでした!

『チャーシューめん』総評

まあ、こういう味が好きな人も居るって事で筆者と好みが違うのは良いのですが、今でも「相模原に来たら村田屋でしょ!」みたいな層が居るのは如何なモノかと存じます。

確かにその人にとっては最高のラーメンでしょうから、パワープッシュしたい気持ちは分かりますが、もっと大きな広い視点で見た場合、ラーメン熟成期とも呼べる今の時代にはもっと美味しいラーメンはあるぞと。

そこら辺は個人の嗜好による部分で好き嫌いの分かれるラーメンですので、人によって意見が違うのは当たり前、自分の好きなラーメンを推すのも自由ですが、どうも『村田屋』とか『長浜らーめん』を熱く語る人達は、言うほど他のラーメンを食べていない可能性……あると思います。

ま、筆者もマニアに比べたらそこまでラーメンを食べ歩いている訳ではありませんが、ちょっと足を伸ばせば様々な美味しいラーメンが選択出来る昨今、それらを食べずに相模原のラーメンを熱く語られてもって感じです。

勿論、あちこちでラーメンを食べ歩いたけれども、やっぱり『村田屋』が一番美味しいって言うのであれば、その主張には耳を傾ける気にもなりますし、ラーメン談義も成立するのですが、あまりに視野の狭い中での『村田屋』推しな人とか、もはや『村田屋』以外は見えていないので、ラーメンの話をしても不毛である可能性……あると思います。

とは言え、そこまで熱烈なファンが居るってのは事実ですので、『村田屋』のラーメンが美味しい説も間違いではない……だが、しかし!

恐らくちょっとラーメンを食べ歩いている人とか、相模原に引っ越して来たばかりで、さして相模原愛が無い人に『村田屋』をゴリ推しするのは如何なモノかと存じますし、『村田屋』サイコーが通用するのも一昔前までですので、良識ある相模原人は「村田屋ってラーメンも食べてみてね!」くらいで抑えて欲しいと思います。

ま、なんだかんだ行っても1回くらいは食べるべき『村田屋』ですので、未食の方はワンチャンよろしくお願いします。