『らあめんのでうら』八王子ラーメンの良さを再確認しに行ってみた@八王子

『らあめんのでうら』@八王子

東京都八王子市台町1-6-12

営業時間 11:00~15:00(スープ切れ次第終了)

定休日 水曜日&日曜&月曜日の祝日

『らあめんのでうら』Googleマップで表示

今こそ八王子ラーメンを見つめ直す時!

ま、昨今の町田&相模原のラーメンは目を見張るモノがありますが、あえて言おう!

「まだまだ八王子が上じゃね?」

確かに町田や相模原には超が付くほどの有名店とか人気店はありますが、全体的な平均値で言えば、まだまだ八王子の方がラーメンのレベルは高いと思うんですよね。

ここら辺、20年くらい前まで時間を遡って考えれば”八王子ラーメン”と言う地ラーメンが根付く八王子と、家系ラーメンの亜流とか博多ラーメンの亜流みたいなのしか、ほぼ選択肢が無かった町田や相模原では、まったくもって基礎が違う可能性……あると思います。

と、言う訳で八王子ラーメンの良さを再確認する為に、元祖八王子ラーメンのDNAを継ぐ『らあめんのでうら』(でうら)に行って来ました。

『らあめん大盛』650円

これが八王子ラーメンで御座います。

ま、知っている人には常識ですが”生タマネギのトッピング”をアイデンティティーとする醤油ラーメンでして、ラーメンブームが始まる前からの地ラーメンで御座います。

八王子ラーメンの歴史について語ると長くなるので、ここでは割愛しますが八王子ラーメンと言えば『らあめんのでうら』と認識して頂ければ間違いありません。

ちなみに『らあめんのでうら』にはメニューが『らあめん』の一種類しかなく、あとは麺量とトッピングのみが選択出来ます。

まさに八王子ラーメンの神髄と言うか”意地”とも呼べる布陣でして、麺とスープだけで勝負する気概が伺えます。

さらに!

「スープの香りをより愉しんで貰う為にレンゲ拒否!」と言う硬派なスタイルも、昨今の軟弱化するラーメン屋さんとは一線を引く感じでして、徹底的なコダワリを感じますな。

気になる味の方ですが鶏ガラをメインにした昔ながらのスープと思われ、とにかくシンプルな醤油ラーメンと言うか中華そばっぽい感じです。

ここら辺、八王子ラーメンでも新店であればスープも色々と手を加える事が出来るのですが、伝統を継ぐ『らあめんのでうら』ですので小さなリファインに留めているのかなと。

麺も八王子ラーメンのスタンダードと呼べる細麺ストレート、ちょいと堅めに茹でられていて麺量もばっちり、麺とスープを集中して味わう事が出来ますね。

ご馳走さまでした!

『らあめん大盛』総評

まさに八王子ラーメンのオリジンをエンジョイ出来る店『らあめんのでうら』って事ですので、年に何回かは詣でる必要があるかなと。

その八王子ラーメンの味と言うか血統を守る姿勢はリスペクトでして、こういう店も絶対に必要だと思う筆者で御座います。

そんな感じの『らあめんのでうら』ですので、まだ食べた事が無い人はとりあえず1回でも良いので食べに行ってみて欲しいと思います。