『ラーメン蔵屋』豚骨&あごだし(アゴ出汁)的なラーメンとか@町田

『ラーメン蔵屋』@町田市

東京都町田市森野6-359

営業時間 11:00~24:00

定休日 火曜日

『蔵屋』Googleマップで表示

飲食店は立地が大事!

「美味しい店なら何処でもやって行ける!」そんな風に考えていた時期が僕にもありました……。

しかし、実際には飲食店ってやはり立地が超大事でして、さして美味しくない店でも立地が良ければそれなり続くし、美味しい店でも場所が悪いとマッハで終了するので、やはり飲食業は「味さえ良ければ大丈夫!」みたいな過信は禁物かと存じます。

何せ今は昔と違って食事と言うか外食の選択肢も増えているので、「味が良いのは当たり前&何らかの魅力」が必要でして、普通に美味しければ普通に潰れてしまう厳しい時代で御座います。

と、言う訳で町田市でも飲食業が育たないデスロードにある『ラーメン蔵屋』でして、その前は確か”G系&鶏の唐揚げ”みたいなトンデモ系ラーメン屋があった場所だった予感……。

あの通りって確かに車の交通量は多くて飲食店に向いてそうに思えますが、実は昔っからあらゆる飲食店がオープンしては消えて行く土地でして、よほどでないと続かない不毛の土地だったりするんですよね。

『塩とんこつラーメン』730円

こんな感じで如何でしょうか?

『ラーメン蔵屋』は”濃厚とんこつ&あごだし”のWスープ、すなわち”トビウオ”的な素材を豚骨に合わせた感じでして、なかなか斬新なラーメンだと思います。

ちなみにトビウオも煮干し系的な乾物ですが、他の魚と違って”丸い味”と言うか、まろやかな甘さが出る素材だったりします。

分かりやすく言うと、インスタントの”おでんの素”みたいなスープで、この”あごだし”がガッツリ使われている事が多い気がしますな。

と、言う訳で濃厚な豚骨との組み合わせで、非常にミルキーと言うかマイルドなスープに仕上がっていますな。

さらに”背脂”も加わっていて、なかなかオリジナリティーの高い一杯かと存じます。

若干、辛子高菜は好き嫌いが分かれるかもですが、筆者は嫌いじゃないので問題無しで御座います。

そこにデフォルトで加わる”辛子高菜”のアクセントも良い感じですし、ストレートの中細麺(管野製麺所)とのバランスも良く、なかなか美味しいと思います。

こういう味のラーメンって町田とか相模原には無いので、面白いかもですな。

スープの方はドロ感は少なく濃厚ながらもマイルドなので、意外と女子層にウケる味かなと。

丼の底に残った煮干し(あごだし)を見ても、かなりの”あごだし感”がある事が分かると思います。

ご馳走様でした!

『ラーメン蔵屋』総評

御世辞にも良い立地とは言えない場所にある『ラーメン蔵屋』ですが、駐車場もあるのでワンチャンあると思います。

若干、店のPOPと券売機のメニューにズレが見られるので、色々と迷走している感は否めませんが、あの場所にしては頑張っているかなと。

しいて言うなら豚骨のスープが「ん?」と思ったくらいでして、その雑味の無さからしてスープがアレなんじゃないかなと一瞬ですが違和感を感じた次第です。

ま、ここら辺は事実確認をしてないので断言する事は出来ませんが、濃厚な豚骨スープを店で炊いているにしてはアレかなと。

とは言え、細かい事を気にしなければラーメンとして普通に美味しいと思いますし、アゴ出汁感ある豚骨スープってのも珍しいジャンルですので、とりあえず1回食べてみたら良いじゃない。

ぶっちゃけキャッチーな「食べる点滴」みたいなパワーワードに惹かれて入った『ラーメン蔵屋』ですが、個人的には面白い味だと思うので、是非みなさんも食べに行ってみて下さい。