【炒飯】相模原のチャーハンをガチにまとめてみた結果【2018】

相模原最強チャーハン決定戦!

相模原のチャーハンもかなり攻略して来たので、そろそろ”まとめ記事”的な総括を出してもいいじゃない。

と、言う訳で筆者が食べた相模原のチャーハンの数々を紹介しておきましょう。

ちなみに当サイト、特にジャンルを決めている訳では無いのですが、ここ最近はチャーハンがラーメンを追い越す勢いの数字を叩き出す為、需要と供給の関係(PVとマネー)で何故かチャーハンサイトと化しています。

『自由軒』@西門ら辺

とりあえず”味、値段、ボリューム”の三拍子が揃った『自由軒』でして、相模原チャーハン最強の座は誰の目にも明らかで御座います。

筆者、特に星を付けたり順位を決めたりしない派ですが、この『自由軒』に関しては客観的に見てもブッちぎりの1位ですので1位と書いても問題ないでしょうか?

また、『天津チャーハン』など炒飯のバリエーションが豊富なのも魅力でして、とりあえず全種類食べてみた結果、どれも美味しいとの結論に達した事も報告しておきましょう。

しいて言うなら営業時間が自由過ぎてフラれる事も多々あるので、『自由軒』に行く時は”フラれた時の第2候補”をちゃんと用意してから行くと良いと思います。

『若竹』@緑が丘ら辺

相模原には個性的なチャーハンもあるので色々と悩むのですが、オーソドックスなチャーハンってジャンルで言えば『若竹』を外す訳には参りません。

特にチャーハンのオールドスタイルでは必須と言える”ナルト”の荒ぶる乱雑な切り方だってばよとか、大盛りにした時の”盛り方”に関しては個人的に大好きです。

ちなみに気になる”お値段”もなかなかリーズナブルでして、筆者のチャーハン補給ポイントとしての需要は高めで御座います。

『金龍』@中央の富士見ら辺

筆者、基本的にチャーハンはオーソドックスな奴(1番安い奴)を好む傾向があります。

何故ならば蟹チャーハンや海老チャーハンをチョイスしても、さして蟹感や海老感でウッヒョー!みたいにテンションが上がる事も無く、価格の上昇率と満足度を計算してみるとビミョーな事が多いからです。

しかし!

この『金龍』の蟹チャーハンに関しては文句無しでして、恐らく神奈川県でも一番の”蟹ヂカラ”なんじゃないかなと思っています。

ですので、特別なお祝い事とか、何かしら”おめでたい事”があった時には、是非とも『金龍』で普段は食べない蟹チャーハンで祝って欲しいと思います。

『上海ジミー』@淵野辺駅ら辺

ハンバーグ屋がランクインするとか意外ですが、あえて言おう!

「基本、チャーハンって大体同じじゃね?」

基本に忠実になればなるほど、どの店のチャーハンも似たり寄ったりの味になるのは否めず、こればっかりはチャーハンの宿命と言わざるを得ません。

ですので、せっかく相模原の美味しいチャーハンをまとめて紹介するのであれば、ちょっとは個性的なチャーハンも織り交ぜるのが”真のまとめ記事”ではなかろうか?

と、言う訳でハンバーグと言うか牛汁が主体の『上海ジミー』ですが、実はココのチャーハンは個性的、かつ大盛りはマジ大盛りですのでチャーハンマニアであれば必食であるぞと。