『進化』本店で限定の”しお冷やしつけ麺”を食べて来ました@町田市

町田汁場しおらーめん『進化』本店

東京都町田市森野3-18-17 ウイング森野 1F

営業時間 11:00~15:00 18:00~21:00

日曜祝日 11:00~17:00

定休日 無休

『進化』Googleマップで表示

冷やしラーメンを欲した時~

もう、あまりに暑くて意味分からない感じの今日この頃、みなさん如何お過ごしでしょうか?

と、言う訳でもはらラーメンなんか食べている場合じゃないんで、”冷やしラーメン”みたいな奴を徹底的に食べる事にしました。

いや、今年こそ今までで一番”冷たいラーメン”の需要がある年だと思うんで、今こそ”冷やしラーメン”の美味しさを世間に認知させるタイミングだと思うんですよね!

『しお冷やしつけ麺』1000円

普段、あまりにマイナーな店を紹介しているので、そろそろメジャーな店のターンだと思った次第です。

『進化』本店で1日にわずか20食限定『しお冷やしつけ麺』で御座います。

如何でしょうか?

元からシンプルな『進化』のラーメンですが、さらにシンプルになった感じでして、特に”つけ汁”と言うかスープの方は具が何も入っていません。

麺の方にもチャーシュー2種類、メンマどころかネギすら無く、”ぶしゅかん”的な柑橘系の何かがあるだけです。

確かに「コレで1000円って正気か?」って思う人も居ると思うでしょうが、この『しお冷やしつけ麺』のスープを頂けば全て納得で御座います。

ジュレと言うか”煮こごり”的な所まで濃度を高めた感じでして、ただのスープと言うか液体では無い可能性……あると思います。

普通、ここまで濃縮すると雑味が出るのですが、そこは流石に『進化』のスープって感じでして、”鶏の旨味”のみが詰まった感じに仕上がっています。

他には塩味のみと言う潔さ!

合わせる麺の方は幅広の平打ち麺でして、ゼリー状のスープをより良く運ぶ仕様になっています。

ちなみに限定も”大盛り不可”ですが、麺量はそれなりあるので物足りないって事なないでしょうか?

麺もスープも極限までシンプルにした感じでして、もう完全にこれ以上削る要素は無いって所まで突き詰めた一杯ですね。

ご馳走さまでした!

『しお冷やしつけ麺』総評

”究極のラーメン”と聞くと大抵の人は具が豪華な奴を想像しますが、あえて言おう!

「ラーメンは材料を減らす方が難しいと!」

究極的には「麺とスープだけでどこまで満足させるか?」ってのが、職人にとって”ひとつのテーマ”でして、具材をどんどん足して満足させるよりも遙かに難しいんですよね。

ぶっちゃけトッピングを豪華にするだけならコスト的な問題はあるものの、技術的には難しくないですし。

そんなテーマに対する『進化』の答えが『しお冷やしつけ麺』って感じでして、鶏主体のスープとシンプルな麺に全てを賭けている感じです。

ですので、ラーメン的にはかなりストイックなジャンルでして、誰が食べても美味しいとは思いますが、満足出来るかは微妙でして、やはり「具沢山なラーメンが好き!」って層には向いてないと思います。

逆に、色々なラーメンを食べ歩いている修行僧レベルの人にはマストな一杯でして、そういう人には今までに無かった感動を与えてくれる可能性……あると思います。

と、言う訳で筆者的には美味しかったのですが、そこまで万人向けでは無いので、「自分が理想とするラーメンとは?」みたいな明確なビジョンを持った人向けかなと思った次第です。

そんな感じで『しお冷やしつけ麺』が気になる人は、是非『進化』本店に食べに行ってみて下さい。