相模原『中古タイヤ市場』の”川鉄の麺類自動販売機”でキツネうどんを食べてみた

『川鉄のめん類自動販売機』ですと?

相模原で話題の珍スポット『中古タイヤ市場』にあるレトロ自動販売機群ですが、いつの間にやら新しい、もとい古い自動販売機が入った模様。

と、言う訳でこれも”相模原ネタ”に属するので早速偵察して参りました!

以前は畑だった隣も駐車場になった感じでして、それなり自動販売機の利益は出てる感じでしょうかね?

どんどん増え続けた自動販売機は、ついに一番奥の方にまで並びました。

ほほう……コレが噂の『川鉄のめん類自動販売機』ですか?

相変わらず綺麗にレストアされている感じでして、これまた人気が出そうな予感です。

サーモメーターを見ると”うどん”は冷蔵されている感じでしょうかね?

メーカー名はこんな感じ。

川崎製鉄?

ま、何はともあれ300円入れてボタンを押そうと思ったのですが、あえて言おう!

「ボタンが無いだ……と?」

お金を入れると自動的に調理が始まる感じでして、ボタンっぽく見えていたランプの光が上から下に流れて行きます。

ま、まあ自動販売機なので自動なのは良いじゃない。

ちなみに箸は商品取り出し口の隣にある”やく味”って書いてある所に収納されています。

ランプが一番下まで行くと、ガコンって音と共に商品が出てきました。

”きつねうどん”を食す!

『中古タイヤ市場』には”富士電機めん類自動調理販売機”も置いてあり、そこそこ美味しい”天麩羅うどん”が食べられるのですが、コチラのマスィーンは”きつねうどん”が食べられる模様。

ま、これなら気分で食べ分ける事が出来るので、うどんの自動販売機が2台あってもいいじゃない。

大きな”お揚げ”が2枚入っていて、心なしかコチラの汁の方が色が濃いですな。

下にはカマボコ2枚とネギや天カスも隠れている感じでして、相変わらずクオリティーの高い感じで御座います。

気になる味の方ですが甘塩っぱい味付けの”お揚げ”も美味しく、うどんとして普通に美味しく食べれる感じです。

ま、何せ300円入れたら27秒で”きつねうどん”が提供されるので、急いで食事をしたい時には『中古タイヤ市場』って選択肢もありなんじゃないでしょうか?

『中古タイヤ市場』総評

そして!

さらに電子レンジが増設されたり、店舗の方には”レトロゲームコーナー”みたいなのも作られていました。

筆者が訪れた時にはここら辺の機械はまだ稼働していませんでしたが、店舗内にあるテーブル型筐体とかは稼働していましたね。

ん~……ここら辺のも筆者世代には懐かしいですな。

と、言う訳でまだまだ色々と自動販売機などのレトロな機械が増えそうな予感ですし、トイレも店舗の方にあるので昼間なら利用可能で御座います。

そんな感じでますます充実してきた『中古タイヤ市場』のレトロ自販機ですので、是非みなさんも遊びに行ってみて下さい。