【裏メニュー攻略】静岡からやって来たガッツリ系ラーメンを食す!@『らーめんブッチャー』

スポンサーリンク

ガッツリ系の最高峰『らーめんブッチャー』

去年も町田で大人気だった『らーめんブッチャー』ですが、今年も町田のシバヒロで開催中の『最強ラーメンFes,』に現れました!

『最強ラーメンFes,』公式サイト

http://dai-tsukemen-haku.com/

そして、予想通り初日から行列を形成し、筆者の予想通りの展開になっている予感で御座います。

と、言う訳で個人的に楽しみにしていた『らーめんブッチャー』も食べて来ました!

『ジェット辛』(裏メニュー)

そして、さりげなくレギュラーを飛ばして裏メニューの『ジェット辛』で御座います。

いや、今日はラーメン4杯、餃子1皿、ハイボール1杯のペース配分ですので、『らーめんブッチャー』連チャンはシンドイっす。

とりあえずビジュアル通りのラーメンですので、多くを語る必要はないのですが、あえて言おう!

「蒙古タンメン中本信者に死角なし!」

……と。まあ、言うほど信者じゃないけど『蒙古タンメン中本』で慣らしている人にとって、このくらいは逆に食欲をそそる程度の辛さでしかありません。

特筆すべきは、やはり裏メニューではデフォルトで入っている”旨辛ジャン”みたいなジャン的な何かが辛旨さの秘密でしょうか?

あれ?

もしかして裏メニュー行かなくても、”旨辛ジャン”トッピングしたら似た様な感じです?

ま、まあ、大量に振りかけられた”一味”の差があるので、筆者も無駄死にではないと思うのですが、とりあえず一度”白フクロウ”の画像を見て落ち着きましょう。

からの極太麺!

もはやプリプリとかダイアモンドだねとか、そんな生易しい次元じゃない”ブリンブリン感”のある麺は凶悪でして、かなり中毒性が高いですね。

そして、『らーめんブッチャー』で安定の”背脂”もガッツリ入っていて、重量的な意味も含めて、かなりヘヴィーな一杯に仕上がっています。

ご馳走様でした!

『らーめんブッチャー』 総評

肉と言うか豚のボリュームもソレっぽい『らーめんブッチャー』ですので、やはり連食するであろう『最強ラーメンFes,』では、どのタイミングで食べるかが大事かなと思いました。

筆者は素早く2食目に挟んだので、このボリュームでもサクサク進んだのですが、最初の一杯目だと次がシンドイし、最後の一杯に回してもそれまたツライ予感しかありません。

つまり!

とりあえず裏メニューの『ジェット辛』を攻略してみたものの、ここまで進む賢人は全体の1%にも満たない可能性……あると思います!

スポンサーリンク