【相模原】『とんかつ赤城』の『かつカレー大盛り』が食べられ無ければ”漢”じゃない伝説!

2017-09-17

スポンサーリンク

『とんかつ赤城』@相模原

神奈川県相模原市中央区千代田4-1-10

営業時間 11:00~14:00 17:00~21:00

定休日 月曜、第三火曜日

『とんかつ赤城』Googleマップで表示

相模原のデカ盛りグルメと言えば『とんかつ赤城』

さして美味しい店が無いと言われている政令指定都市”相模原”ですが、とりあえず『とんかつ赤城』は有名で御座います。

ランチタイムはいつも並ぶし、土日の行列も安定の構図となっています。訪れる際には並ぶ覚悟が必要です。

『かつカレー』(1000円)

やはり『とんかつ赤城』の一番人気は『かつカレー』ではないでしょうか?

豚カツ屋さんの美味しい豚カツ&カレーと言う鉄板メニューで、ボリュームと味、お値段のトータルパフォーマンスも非常に高い一品です。

そこらのカツカレーとは全然違う”本気の豚カツ”ですので、これを食べる為に相模原まで遠征して来る人も少なくありません。

ライスやカレーもモリモリですが、基本的に『とんかつ赤城』はキャベツが鬼盛りですので、あまりキャベツを欲しない人や小食の方は「キャベツ少な目でお願いプリーズ」と言うコールを忘れない様にして下さい。

なお、『かつカレー大盛り』(1200円)は”お茶碗3杯分の御飯”との公式発表ですので御注意下さい。

相模の国(ノット相撲)では『とんかつ赤城』の『かつカレー大盛り』を食べ切れなければ”一人前の成人男子”と認められせん。

筆者もコレが食べ切れないほどに衰えたら潔く引退するつもりです。

ちなみに『かつカレー』は人気が有り過ぎて、遅い時間帯だとカレーが無くなってしまう事もあるので、狙うなら早い時間帯がベストです。

『特選ロースかつ』(1300円)

こちらが『とんかつ赤城』の看板メニューとなる『特選ロースかつ』で御座います。

基本、カレー以外は御飯が無いので、御飯(お替わり自由)と味噌汁&お新香の『定食セット』(330円)も併せてオーダーしましょう。

揚げるのに25分掛かる(公式発表)と言われる極厚の豚ロースは、まさに豚カツの頂点に立つ味わいです。

『海老フライ』(1600円)

年に一度は食べたい御馳走メニューがコチラです。本当に美味しい海老フライを求めるなら『とんかつ赤城』が正解かと存じます。

圧倒的な”海老ヂカラ”は同じく相模原にある名店『とん平』と良い勝負だと思います。

この大きさの海老で無ければ出せないプリプリ感……あると思います!

『鳥唐揚げ』(820円)

近隣に住まう人は『とんかつ赤城』でビールを軽く一杯ヤルのも素敵です。あえてライスは食べずに麦芽を摂取するのは悪くありません。

ちなみに『とんかつ赤城』の『鳥唐揚げ』は山盛りですので、一人で食べると結構ヘヴィーです。

『シュウマイ』(650円)

そして近隣に住まう人達は『とんかつ赤城』の”持ち帰り”を良く利用しますが、中でも筆者がイチオシなのがコチラの『シュウマイ』です。

ボリューム満点なので、これとビールがあれば晩飯替わりにもなる優れモノで御座います。

ちなみに付属のソースで食べないと美味しさ半減なので、醤油党の人も騙されたと思って試してみて下さい。

スポンサーリンク