八王子『吾衛門』のラーメンが俺ん中でメガヒットなのですが?

スポンサーリンク

『吾衛門』@八王子

東京都八王子市 千人町3-3-3

営業時間 11:00~17:00(土曜日は16:30まで)

定休日 日曜祝日

『吾衛門』Googleマップで表示

正直、自分は『吾衛門』派である!

まず、八王子ラーメンを知らない人の為に3行で説明すると、醤油ラーメンに生タマネギをトッピングした、八王子市が誇る地ラーメンで御座います。

そして!

その八王子ラーメンで人気を二分するのが『タンタン』と『吾衛門』でして、どちらが一番かは決められないくらいの接戦でしょうか?

まあ、ラーメンは趣味の食べ物って側面があるので、ここは意見が分かれて当たり前だと思いますので、それぞれが自分のオキニの店を見付ければ良いと思います。

『中華そば』(550円)

やはりベーシックスタンダードなコチラの『中華そば』から頂くのが、『吾衛門』に対するリスペクトだと思います。

さすがに平日でも行列を形成するだけの人気店でして、特別な派手さは感じられないビジュアルですが、しっかりした美味しさが伝わる静かな迫力があると思いますね。

気になる味の方ですが、豚骨ベースの煮干し系と言う事でして、見た目よりもボディのあるスープで御座います。

とは言え、そこは煮干しと鰹節を合わせているので、ただの清湯系豚骨スープでは終わらない深さがありますね。

ここら辺の豚骨と煮干し感のバランスがイイ感じでして、あっさり食べられるけれども食べ応え、すなわち満足感の高い一杯に仕上がっています。

『チャーシューメン』(800円)

そして、さりげなく『チャーシューメン』も頂くパターンでしょうか?

肩ロースと思われるチャーシューは柔らかく仕上がっていますが、しっかりとした豚肉の旨さを残しているので、非常に美味しいと思います。

チャーシューは柔らかければ良いってもんじゃないですからね!

気になる麺の方ですが、八王子ラーメンにしては加水率低めの麺との事で、かなりスープの吸い込みが良い感じでしょうか?

しかしデフォルトでも堅めに茹でられているので、ストレートな中細麺の角はビシっと立った感じでして、まさに”中華そば”を彷彿させるソバ感が味わえます。

この麺とスープのバランスに加わる、生タマネギの微塵切りが肝でして、やはり八王子はラーメンのレベルが高いなと感心した次第です。

多分、この『吾衛門』もタマネギの刻む大きさを、わざと変えるコダワリがあると思います。

ご馳走様でした!

『吾衛門』 総評

何気に隣接している町田、及び相模原市民ですが、いまいち八王子ラーメンに感心が薄いのは何故でしょうか?

どちらの都市もラーメン屋は少なくないので、ラーメン文化は定着しているはずなのですが、いかんせん「遠くに行ってまではラーメン食べない」(ドヤ)みたいな土着民ソウルがあるのか、近隣の八王子ラーメンにすら興味を示しません。

しかし!

八王子バイパスも無料になった事ですので、ここは八王子ラーメンの旅とか、ちょっとした休日イベントだと思うので、筆者的には推して行きたいと思います。

と、言う訳でまず八王子ラーメンを食べようと思ったら、この『吾衛門』と『タンタン』を食べて頂けば、その美味しさが理解出来ると思うので、是非みなさんも『吾衛門』に食べに来て下さい。

スポンサーリンク