【相模原】『麺場ARATA』の自家製味噌ラーメンが美味しいんじゃなかろうか?

2017-09-17

スポンサーリンク

『麺場 新』(アラタ)@淵野辺

神奈川県相模原市中央区 東淵野辺1-11-28

営業時間 11:30~15:00 17:00~21:00

不定休

『麺場 新』Googleマップで表示

東淵野辺に現れた自家製味噌ラーメンの新星!

まあ、東淵野辺と言われてもピンと来ないと思うので、昔のカルピス工場、バイク用品店『ナップス』の近くと思って頂ければ幸いです。

ちょっと駅から遠いのですが信号向かいの角に”5台分”ものスペースを確保してあるらしいので、意外と車でサクッと訪れる事が可能かと存じます。

ぶっちゃけ、あの角地は昔からラーメン屋さんが出たり入ったりしていて、非常に微妙なロケーションなのですが、あえて言おう!

「今度は大丈夫っぽい!」

お酒やツマミも視野に入れているのは良いですね。あの辺は飲み屋さんが少ない僻地ですので、この路線は正解だと思います。

壁紙などは新しくなってますが、配置は以前のラーメン屋さんに似ています。

『肉味噌ラーメン』(800円)

とりあえず味噌ラーメンを食べてナンボの『麺場 新』らしいので、お店のオススメである『肉味噌ラーメン』を食べてみる事にしました。

青ネギがどんと乗っていますが、その下には味噌ラーメンの定番とも呼べる”モヤシ”も控えています。

珍しい所ではチャーシューでは無く、この『肉味噌ラーメン』には豚のバラ肉、もしくは細切れ(腿肉等ミックス)の薄切り肉が使われている事でしょうか?

予め炒められた薄切り肉は生姜で味付けされている予感でして、具材としてはイケていると思います。

ただし『肉味噌W』(1000円肉と野菜が2倍、ライス付き)にするほど肉を欲するかと言えば微妙でして、まあライスを欲した時に『肉味噌W』をオーダーするかもって勢いで御座います。

と、言う訳で本当に今度は大丈夫なのか心配になる人も居るでしょうが、安心して下さい。

このスープ……かなりキテます。

嘘です。そこまででは無いかもですが、とりあえず相模原の味噌ラーメンベスト3には確実に入るくらいの美味しさです。

味噌ラーメンなのでスープの色は味噌に左右されていますが、ベースは清湯系のスープではないでしょうか?

同店には『鶏豚白湯そば』(750円)と『醤油そば』(700円)の他にも、『煮干そば』(700円)などがあるので、動物系の出汁ベースである事を考えると『醤油そば』と同じスープか、そこに白湯スープをブレンドした予感です。(そこまで鶏豚白湯っぽくは無かったので)

まあ、そこら辺のスープが何なのかを妄想するのは別にして、味噌ラーメンのスープとしては完成度が高いです。ブレンドしてから寝かせたであろう味噌の風味も良く、甘い訳ではありませんがスープに”丸み”があります。

麺は味噌ラーメンにしては珍しく中細のストレート麺ですが、この『肉味噌ラーメン』のスープ自体はそこまで重くない、むしろ味噌ラーメンにしては軽い方ですので相性は良いと思います。

大きなお世話ではありますが、個人的には上記のラーメンの他に『つけ麺arata』(750円)など自信作と思われる”つけ麺”もあるので、ちょっと商売広げ過ぎだろ感は否めません。

まあ、そこら辺は作る側が大丈夫と踏んでメニューを広げたのだから、きっと大丈夫だと思います。以上です。

スポンサーリンク