秋葉原『九州じゃんがら』の本店でラーメンを食べてみたのです

スポンサーリンク

『九州じゃんがららあめん』@秋葉原

東京都千代田区 外神田3-11-6

営業時間 10:30~23:30

土日祝日 9:30~23:30

定休日 無休

『九州じゃんがららあめん』Googleマップで表示

秋葉原で人気の『九州じゃんがららあめん』とか?

ここ数年、秋葉原の飲食店は増えに増え続け、もはや収集がつかない程に膨れ上がった感があります。

そんな中、コンスタントにちょい並ぶくらいの人気を、昔から保っているのが『九州じゃんがららあめん』で御座います。

秋葉原にあるラーメン屋さんでも、そこそこ古参の店でして女子層にもそれなり人気があり、当サイトでも激しくオススメしそうな題材ですが、あえて言おう!

「正直、九州のラーメンはそんな好きじゃない」

この瞬間、全九州人を敵に回した感ありますが、それはお互い様かと思うので穏便に済ます方向で如何でしょうか?

筆者も神奈川なので家系ラーメンとかディスられたら怒るかもですが、そこら辺はお互いの郷土愛ですねって事ですので、「好きじゃない」くらいで戦争するのは止めましょう。

『九州じゃんがら』(630円)

はい、と言う訳でソレっぽい『九州じゃんがら』で御座います。

ソレっぽいと言うと語弊があるかもですが、より本場っぽい味を求めるなら『ぼんしゃん』(730円)なる”博多げんこつ”を売りにしたラーメンもあるので、その比較と捉えて下さい。

”東京上品とんこつ”との事でして、豚骨の臭みを取り除きまくったライト豚骨系博多ラーメンもとい九州ラーメンって事でしょうか?

見た目、油がスープに溶け込んで乳化してない所を見ると、丼に風味出しの油を入れてから、豚骨スープをインしてる可能性?

スープの方は説明書きの通り、確かにコッチの人向けのチューニングを感じる仕様で、かなり洗練されています。

逆に、洗練され過ぎて九州らしく無いので、対抗馬として『ぼんじゃん』があるって事かと思います。

ご馳走様でした!

『九州じゃんがららあめん』 総評

あまり好きじゃないジャンルでも、なんだかんだと仕事も含めて九州的なラーメン的な何かは食べているので、あえて言おう!

「二種類に分けるのも正解!」

多分、筆者が九州に家系ラーメンを輸出するとしたら、ちょっと醤油感と言うか塩っぱさを加減するかもでして、その様な地域特性にあった味の調整は大事かなと思います。

と、同時に本物へのリスペクトも盛り込むとなると、ラーメンを2種類に分けるのは正解では、ないでしょうか?

まあ、『九州じゃんがららあめん』は他にも沢山種類があるので、そこまでのコダワリがあった結果なのかは謎ですけどね。

と、言う訳で秋葉原にお越しの際には、この『九州じゃんがららあめん』も思い出す方向でお願いしたいと思います。

スポンサーリンク