秋葉原『ゴーゴーカレー』の”メジャーカレー・ファーストクラス”を食べてみた@ややデカ盛り

スポンサーリンク

『ゴーゴーカレー』@秋葉原1号店

東京都千代田区 神田佐久間町1-16-1 大橋ビル1F

営業時間 10:55~21:55

定休日 年中無休

『ゴーゴーカレー』Googleマップで表示

東京に進出した金沢カレーのチェーン店!

ま、金沢的には『カレーのチャンピオン』こそ至高かと存じますが、さりげなく東京にささっと進出した『ゴーゴーカレー』もメジャーでして、秋葉原にも早い段階から進出して来ました。

と、言う訳で秋葉原でも根強い人気のある『ゴーゴーカレー』でして、アニメとのコラボもさくっと取り入れたりして、何気に商売の上手さを感じる筆者ですが、食べる側としては純粋にカレーが美味しければなんの問題もないでしょうか?

丁度『マンハッタンカレー』のキャンペーンをやっていて、これまた気になるメニューで微妙に悩んだ筆者です。

しかも!

毎月”5の付く日”はトッピング券が貰えるサービスデーでして、今この瞬間に『ゴーゴーカレー』に行かないで何時行くのって話ですよ、お客さん!

また『ゴーゴーカレー』には21世紀になってから激減した”チャレンジメニュー”も残っていて、一日限定5食の『メジャーカレー・ワールドチャンピオンクラス』を30分以内に食べると、商品代金2550円が戻って来ます。

ちなみに『メジャーカレー・ワールドチャンピオンクラス』の内容は、ライス1500グラム、ロースカツ2枚、チキンカツ2枚、海老フライ2本、ウインナー4本、茹で玉子1個、カレーのルーやキャベツ等を含めると2500グラムくらいらしいです。

『メジャーカレー・ファーストクラス』(1300円)

恐らく筆者のベストコンディションかつ、最高のモチベーションで挑めば30分は無理としてもワールドチャンピオンクラスも食べられるかも知れません。

しかし!

「かも知れない」くらいの自信で挑むのはナンセンスでして、100%完食出来る自信がない限りチャレンジしないのがマイルールで御座います。

と、言う訳でワールドチャンピオンクラスの半分の量となる『メジャーカレー』のファーストクラス(特盛)から頂く事にしました。

結果、まあこんな感じのビジュアルでして、さすがにライス700グラムの貫禄はあるでしょうか?

横から見ると某ジブリ作品のアレを彷彿させますな!

そして何より目を惹くのは、大きなチキンカツとロースカツ(豚カツ)のWカツだと思います。

金沢カレーの伝統を守り、デフォルトでソースがかけられているのも、特徴でしてここら辺の様式美はしっかり金沢カレーしてるかなと。

そして!

気になる味の方ですがカレーのルーも金沢カレーらしく、かなりのドロ感と香ばしさがある、どっしりした重量感のあるルーで御座います。

さらに言うなら、カレーをフォークで食べるのも金沢カレーのスピリットでして、ここら辺も忠実な感じで提供されていますね。

と、言う感じで食べ進んでみた感じ、ここら辺で普通の店のカレーライス1杯分くらいでしょうか?

ですので、やはりファーストクラスはカレー2皿半くらいのボリューム感だと思います。

また、カツがダブルなので全体的にヘヴィーなので、お替わり出来るキャベツを上手く使いながら食べ進む必要があるかもですね。

とは言え、カレーとしても普通に美味しいし、フライ料理は大好きなので筆者的には幸せしかない予感です。

ご馳走様でした!

『ゴーゴーカレー』 総評

筆者、あまりチェーン店には興味がないのですが、この『ゴーゴーカレー』の美味しさは認める所で御座います。

また盛りっぷりも良くコスパも高いので、これなら万人にオススメ出来るんじゃないでしょうか?

ちなみに今回、『ゴーゴーカレー』のボリューム感を掴む為に、あえてファーストクラスを食べてみましたが、この2倍となると相当な達人でなければ完食出来ない事も、報告しておきましょう。

それでは、是非みなさんも秋葉原に来たら『ゴーゴーカレー』で、美味しい金沢カレーを食べてみて下さい。

スポンサーリンク