讃岐うどん『東京麺通団』釜玉バターが美味しかった件@新宿

『釜玉バター 小』460円

こんな感じで、どうでしょう?

いや!

確かに初見で『釜玉バター 小』とか邪道な予感ですが、あえて『東京麺通団』の公式サイトで「おすすめ」として書いているくらいですし、お値段もセレブな”カルピスバター”を使っているくらい気合いの入ったメニューですので、コレを試してみるのも一興かと存じます。

天麩羅も結構な種類があるのですが、とりあえず『かしわ天』(100円)か『ゲソ天』(180円)で3秒悩んだ結果、お値段で『かしわ天』に軍配が上がりました。

そして!

とりあえず”釜玉うどん”ですので、ぶっちゃけ写真なんか撮っている場合ではなく、さっさと麺と卵を和えないとって話で御座います。

ん~……バターの香りが食欲をそそりますな~

さて。

気になる『東京麺通団』の”うどん”ですが……なかなか美味しいかな?

バッキバキにコシがあるって感じではなく、いわゆる「丁度良い塩梅」って感じでして、ある意味「自然な食べやすさ」がある感じでしょうかね?

公式サイトには「伸びと弾力の中細田舎麺」的なワードもあるので、確かにそこら辺の雰囲気を感じました。

結果!

これは確かに”美味しい讃岐うどん”って感じでして、なかなかオススメ出来ると思います。

筆者は丁度良い感じだと思いましたが、ちょいと塩分が足りないと思う人は、ここら辺で調整してみたら良いじゃない。

『かしわ天』も何気に美味しいので、天麩羅系も安心出来るんじゃなかろうか?

ご馳走さまでした!

『釜玉バター 小』総評

と、言う訳で『東京麺通団』の”讃岐うどん”がイケてる事は分かったので、次回は別なメニューを試してみようかなと。

お値段の方もそれなりリーズナブルですし、なんか”うどん”の打ち手によっても多少は味が変わって来るらしいので、何度か食べに来ようと思います。

そんな感じで新宿ら辺に来たならば、うどん勢には『東京麺通団』でワンチャンあると思うので、是非みなさんも食べに行ってみて下さい。