『パパパパパイン』パイナップルラーメン総力特集的な何か@東京都町田市

『パパパパパイン』@東京都町田市

東京都町田市原町田3-1-4 町田ターミナルプラザ2F

営業時間 11:00~15:00 18:00~21:00

定休日 水曜日

『パパパパパイン』Googleマップで表示

『パパパパパイン』でどうでしょう?

時は21世紀、今やラーメンも熟成期に入ったと呼べる感じでして、様々なラーメンが世間の人々を賑わせています。

で。

そんな中で一番の話題性のある店と言うか問題児と言えば、”ラーメン大好き小泉さん”でも取り上げられ、さらに有名?になった『パパパパパイン』ではないでしょうか?

「ラーメンとパイナップルが大好きだからラーメンの中にパインが入ってもいいんじゃない?」

いや、それは駄目でしょ?

常識的に考えて?

と、誰もが思うのですが意外や意外、この味にハマる人が続出?してる感じっぽいので、なんとなく特集してみた次第です。

あ、あとJR横浜線の町田駅で降りた人は、横浜方面と言うかコッチの改札口から降りた方が近いので覚えておくと幸せになれる予感ですね。

ちなみに券売機はこんな感じで。

『パイナップル塩ラーメン』750円

これが噂のパイナップルラーメンで御座います。

まあ、ビジュアル的には言うほどパイナップルラーメン感はありませんが、なんでもスープの25%は”パイナップルジュース”との事でして、色々な意味で不安しかないのは否めません。

とりあえず初見なので一番パインアッポゥとスープの感じが分かりやすい、ベーシックな塩味をチョイスです。

ま、中央に鎮座するパイナップルを無かった事にすれば、グラフィック的には普通のラーメンなんじゃないでしょうかね?

あまり気は進まないのですが、とりあえずスープを飲んでみると……言われてみたらパインかな?

思ったほどアナナス(パイナップル)感は無いので、そんなに警戒しなくてもスルっといけちゃう感じでしょうか?

まあ、嘘ですけどね。

やはり、それなりのパイン感があるので、人によっては違和感を感じるかも知れません。

とは言え、個人的な感想ですが個人の感想を綴る記事ですので、あえて言おう!

「酢豚にパイナップルよりは違和感無しと!」

これを褒めていると捉えるかどうかは貴方次第ですが、一度パイナップルと言うワードを忘れて、無心で食べれば普通に美味しいラーメンだと思います。

ちなみに写真等も町田にある姉妹店の『81番』の時に”間借り営業”していた時の奴ですが、今現在もほぼ同じ味である事を報告しておきましょう。

もっとも、麺は何度か変わった気がするので、同じ細麺でも微妙に印象が変わるかもですが。

『パイナップルラーメン塩』総評

思ったよりもパイン感に悩まされる事もなくスープも完飲する勢いの美味しさでして、恐らくラーメンにフルーツを加えるなら、「パイナップルがベストかな?」みたいな錯覚に陥る感じの一杯でした。

とは言え、ラーメンを食べたくなったモチベーションの時に、数あるラーメンの中からパイナップルを選ぶかと言われたら賛否が分かれる案件でして、どの程度のリピート性を確保出来るかが肝となるんじゃないでしょうか?

確かにパイナップルと言うオンリーワンなラーメンですが、やはりパイナップルを加える事で、大事な何かがスポイルされている可能性は否めず、「一度食べたからいいかな?」と思わせない何かが必要かなってのがファーストインプレッションで御座います。

次のメニューに続く!