中山駅ら辺に住まう人のソウルフード『さつまっ子スペシャル21』でスペ(略

焼肉はせ川: 焼肉はせ川写真集 (Sea Monkey Design)

『スペシャルラーメン』850円

こんな感じで、どうでしょう?

ま、ビジュアルを見れば一目瞭然ですが、コチラの『さつまっ子スペシャル21』はラーメンショップであってラーショでない……みたいな微妙な立ち位置のラーメン屋さんで御座います。

あと良く分からないけれどもライスも食べないと駄目認定されそうなので、『ライス(SS)』も100円で追加してみました。

そして!

なんか黒っぽい物体が浮いているので気になると思うので説明しますと、この”焦がしネギ”的な何かが『スペシャルラーメン』の肝でして、この『さつまっ子スペシャル21』の売りにもなっています。

気になる味の方ですが……ラーショ的にはかなりライトなスープかな?

確かに焦がしネギのアクセントは加わるので個性はあるのですが、いわゆるラーメンショップのスープとして考えるとリーンですね。

だが、しかし!

「濃い=美味い」みたいな単純な図式が当てはまらない様に、「薄い=不味い」では無い訳でして、このスープの絶妙な感じは好きな人には好きな味かなと。

と、同時にネットでは「油っぽい」みたいな意見もありますが、ぶっちゃけラーショ的にもラーメン的には油感はそうでもないので、意外とラーメンとしては大人しめな味だと思います。

麺は酒井製麺の麺箱があったのでソレと思われ、ネットの評判通りの”柔らかい茹で加減”ですな。

ま、筆者は麺カタ至上主義には異議を唱える慎重派でして、その店にはその店の主張と言う名の”茹で加減”があるので、なんでもかんでも麺カタでオーダーしたがるのは如何なモノかと存じます。

ちなみに『さつまっ子スペシャル21』はチャーシューが丼の底に沈んでいますが、ここら辺も店主のコダワリの結果ですので、特に筆者的にはコメントはありません。

そして!

この『さつまっ子スペシャル21』はライスを頼むと、キムチ納豆と言うか納豆キムチライスになる訳ですが、コレがなかなかオツな味で御座います。

筆者、納豆は好きじゃないのですが食べれない訳でもなく、この味はなかなか気に入ったと言っておきましょう。

ご馳走さまでした!

『スペシャルラーメン』総評

まあ、普通のラーショと違うと知ってて訪れたので筆者的には問題無いのですが、やはり『スペシャルラーメン』はラーショと違うし、ラーメン全般安くは無いので、そこら辺で賛否が分かれるでしょうか?

ですのでラーメン単体ですと値段も微妙ですが、ライスをオーダーするとプラスアルファがあるので、トータルでコスパも良くなるかなと。

とは言え、この『さつまっ子スペシャル21』はコアなファンが多く、何十年も通い続ける人が多いっぽいので、そう言った意味では凄い店だと思うしリスペクトで御座います。

と、言う訳でラーショ的には「ん?」って部分もあるかもですが、この『さつまっ子スペシャル21』は間違いなく中山駅ら辺に住まう人のソウルフードですので、とりあえず同じ神奈川県民なら1度くらいは食べに行ってみて下さい。

スポンサーリンク

関連記事