『クックら』2019サマー仕様の”つけ麺”を食べに行ってみた@相模原

相模原,ラーメン&つけ麺相模大野駅,クックら,家系ラーメン

『つけめん中盛&チャーシュー増し』1040円

こんな感じで、どうでしょう?

基本、ラーメンとかはトッピングしない派ですが、この『クックら』のチャーシューはバリウマなので『チャーシュー増し2枚』(120円)も欠かせないですね!

さらに!

Twitterサービスで”麺増し”(無料)にしたので、実質は『つけめん大盛り』(1020円)相当のボリュームで御座います。

ん~……今日のスープも美味しい予感しか無いですね~

さりげなくライム的なのが添えられているのも夏っぽいかな?

基本、こういうのは味見をしてから試すのですが、すでに『クックら』の”つけ麺”は食べまくっているので、初見から決め打ち全絞りで御座います。

そして!

この麺量&チャーシュー軍団……圧倒的じゃないか?

海苔もイイ感じですし?

デフォルトでも”ホウレン草”がドッサリ入ってるとか?

何もかもが最高じゃない。

勿論、今回のテーマは夏専用つけ麺の全粒粉入りの麺でして、そこら辺に注目しなきゃですよね~

むむっ!

あえて”極太麺”とは謳っていませんが、これはなかなかの太麺ですな!

全粒粉ならではのフスマ(つぶつぶ的な)のも確認出来ます。

コイツをグワッと持ち上げスープに浸けるべし!

蕎麦とか汁に浸け過ぎると「如何なモノか?」みたいな事を言われそうですが、つけ麺は浸けてナンボですので容赦しない感じで。

ん~……流石に『クックら』の濃厚な家系スープ、極太麺にもしっかり絡んで来ますね~

結果!

美味しいじゃない?

ちょいと前に”つけ麺”の麺もリニューアルして、それはそれで美味しいのですが、個人的にはコチラの方が好みかな?

デフォルトの麺は喉越しが良い感じのツルツル感がウリですが、この夏限定のはズバズバッと豪快に啜る感じで、小麦本来の風味も抜群で御座います。

スープの方、いつもと変わらず美味しい家系スープでして、ライムもなかなか合いますね~

もっともライムってレモンとか柚子ほどの酸味ではないので、ちょっとしたビター感と微かな酸味を欲した時に使うと良いじゃない?

ん~……これはなんなら9月末くらいまで延長しても良いじゃない?ってくらい気に入りましたね~

ご馳走さまでした!

『つけめん中盛&チャーシュー増し』総評

てっきり夏仕様の麺は粉だけ変えるのかな~と思っていたら、太さの方も大きく変更していたのは衝撃ですね。

もっとも、そもそもの『クックら』の家系スープは下手なG系の店よか濃度も高く、しっかりした豚骨感があるので、逆にG系みたいな極太麺も合わない訳がない……そういう事だと思います。

実際、麺量も『クックら』はボリュームあるので、実質コレはヤサイこそ無いものの、限りなくG系に近い雰囲気はありますし、なんなら『野菜盛り』(150円)をドカンと足せば、全てにおいて凌駕するポテンシャルがあるんじゃなかろうか?

と、言う訳で別に夏限定仕様に限らず、全てのメニューがオススメな『クックら』ですが、やはり『クックら』好きならこの夏仕様なヤツは必食ですので、是非食べてみて下さい。