『まんぷく!タルだくチキン南蛮弁当』実食レビュー的な!

ブログ&レビュー

基本、超自炊派である!

一人暮らし生活が長すぎて、いつの間にか弁当を買うって事が無くなった可能性……あると思います。

いやね。

冷凍庫には”炊き込み御飯”とか”カレー”が大抵は常備してあるんで、別に弁当とか買って帰らなくても家に食事は用意してある訳でして、あえて弁当を買って帰るシチュエーションが発生しない訳ですよ。

ま、確かに『こがねちゃん弁当』は良く利用しますが、あれは鶏の唐揚げモチベの時に利用してるだけでして、料理するのが面倒だからって理由で買う事はないです。

だが、しかし!

やはり昔よりもコンビニ弁当の需要は高まっていると言うか、そこそこ売れている、むしろコンビニは弁当売れないと赤字みたいな説もあり、そういう時代である事は筆者も認識しています。

『まんぷく!タルだくチキン南蛮弁当』594円

と、言う訳で鬼久し振りにコンビニで『まんぷく!タルだくチキン南蛮弁当』なるモノを買ってみました。

ん~……昔はコンビニ弁当って500円以内のラインを狙ってた記憶ですが、今は普通に600円視野ですかね~

すでに”コンビニ弁当=安い”ってイメージではないですな!

あと原材料の方を見てみると、昔よりは添加物も減ったような?

ま、言うても下半分は家で作るなら絶対に入らない成分ですので、個人的には微妙ですが……

この『まんぷく!タルだくチキン南蛮弁当』に関しては、かなりチキン南蛮に特化した感じですので、野菜的なモノも少な目な予感で御座います。

もっとも気休め程度に入っているよりは、コチラの方が潔い気がするので有りかも知れん。

さて。

気になる味の方ですが、米が少々イマイチな点は否めませんが、チキン南蛮的な部分はいわゆる総菜としての平均点くらいな味かなと。

ま、美味しいって表現するのは如何なモノかと存じますが、まあフツーって事で。

ん~……鶏の唐揚げを垂直ではなく、斜めに包丁を入れてボリュームがある風に見せるとか、チョット微妙な要素もありますが。

もっとも、多分にコンビニ弁当を利用する人々は、究極的妥協の末の選択肢で買っていると思われ、コレをメチャメチャ美味しいと思って買ってる訳では無いかもでして、無駄にクオリティーを上げて値段が高くなるよりは、ココら辺を買おうとする層がギリギリ買える値段で、ギリギリ食べれる味を目指すのが企業としての正解かなと。

ご馳走さまでした!

『まんぷく!タルだくチキン南蛮弁当』総評

と、言う訳で「まあ、こんなもんでしょ?」って感想しかない『まんぷく!タルだくチキン南蛮弁当』だったのですが、あえて言おう!

「めちゃめちゃ上げ底です……と?」

もうね。

こういうトコロは本当に死ねって思うんですけど、まあコレがコンビニ弁当のアンサーって事かなと。

そもそもコンビニ弁当よりは弁当屋さんで買った方が、基本的には安くて美味しい訳ですし?

それすら出来ない横着者、と言うか時間が無い人向けの弁当ですので、もはやコンビニでメシを買うしか能が無い、もとい選択肢が無い人間を囲い込む商品と思えば、上げ底にして他の弁当よりもボリュームがある風に見せた方が企業は儲かりますよね~

多分、この上げ底で消費者がイラッとする事は折り込み済みでして、それでも「ま、どうせまたウチで弁当買うんでしょ?w」みたいな空気感が漂ってる気がしないでもない……

と、言う訳でやはりコンビニ弁当は語るに値しないと思った次第でして、他の選択肢があるのならコンビニ弁当は無しだな~って事でFAで御座います。