UA-65872922-1

Food News

ラーメンからカレーまで美味しい情報を大きな写真で配信中!ランチや食べ歩きの参考にどうぞ。

相模原『遊喜や』麻布大学御用達!淵野辺の”寿司居酒屋”ってどんな感じ?

calendar

reload

相模原『遊喜や』麻布大学御用達!淵野辺の”寿司居酒屋”ってどんな感じ?

『遊喜や』@淵野辺

神奈川県相模原市 中央区淵野辺1-16-13

営業時間 12:00~13:30 17:00~23:30(ランチは平日のみ)

定休日 日曜祝日(夏休み等あり)

『遊喜や』Googleマップで表示

麻布生の必修科目『遊喜や』

淵野辺に通う麻布大学生には卒業するまでの必修科目があり、それは『こがねちゃん弁当』の唐揚げ弁当特盛であり、『淵野辺大勝軒』のラーメン大盛りであり、『遊喜や』の”麻布生限定5時間飲み放題コース”であります。

正直、これらがひとつ欠けてもそれは麻布生としてどうかと思うので、早い段階で習得しておいて下さい。

『海鮮丼(上)』(800円)

麻布生的には並(500円)の、お世話になる機会が多いでしょうか?

『遊喜や』は居酒屋ですが、昼のランチは海鮮丼的な何かを食べる事が出来ます。これがなかなかのボリュームでして、淵野辺で一番イイ感じの海鮮丼になっています。

ちなみに海鮮丼はテイクアウトが可能なので、試しに持ち帰りで『遊喜や』デビューしたら良いじゃない。

御飯の大盛りはサービスなので、大盛りにすると写真よりもグッとボリュームが増えます。

『刺身三点盛』(500円)

『遊喜や』と言えば横浜の市場で仕入れて来る新鮮な魚が売りで御座います。

そこら辺は言葉で説明するよりも、写真を観て頂ければ分かると思うので言う必要はないのですが、あえて言おう!

「三点盛の三点とは何か?」

四点盛り、五点盛りの可能性……あると思います!

少ないと発狂すべき案件ですが、多い分には喜びしかないので最高です『遊喜や』(PR)

『刺身盛り合わせ』(1200円)

圧倒的な盛り合わさってる感……いいんじゃないでしょうか?

まあ、このお値段で淵野辺、いや相模原でもここまで魚を盛る事が出来るのは、筆者が知る限りは『遊喜や』だけで御座います。

ちなみに『遊喜や』は酒も安いので、飲みながら魚を食べたい人にはオススメです。

『おまかせ握り』(1200円)

そして筆者が愛する『おまかせ握り』で御座います。

写真だと普通の寿司に見えますが、さりげなくデカネタ要素を含んでいるので、かなりのボリュームがあります。

ですので、刺身の盛り合わせを食べた後に、この『おまかせ握り』に進むと苦労するので、二人で訪れてシェアするなどの工夫が必要かもですね。

ちなみに握りは単品でも注文出来るので、ちょろっと試してみる事も出来ます。

『遊喜や』は高級なネタ(高い奴)は基本的に仕入れませんが、光り物は結構イイ感じで定番のアジやイワシの他に、ニシンとかマニアックな魚が並ぶ事もあるので、目が離せません。

昔は『関所』の支店が近くにあったので愛用していましたが、本店は遠いので最近では『遊喜や』がデフォになっています。

しかも『遊喜や』の方が寿司も酒も安いので、ココを利用しない手はありません。

『遊喜や』 総評

まあ、全部のメニューを説明するのは面倒なので、後は写真を観て頂く方向で、どうでしょう?

魚の他に、各種居酒屋っぽい何かがあるので、普通に居酒屋としてエンジョイ出来ます。

他にも『赤なまこ』とかレアアイテムも仕入れたりするので、ちょいちょい通っても飽きる事がありません。

あ、でも『赤なまこ』一匹とか、流石にアゴが疲れる案件ですので、如何なモノかと思います。

しいて言うなら新歓の季節とか麻布生による貸し切りが多かったり、店自体も大きくはないので、常連さんで席が埋まって振られるパターンには要注意でしょうか?

まあ、このサイトを見ている賢人であれば、すぐに近隣の店を見付けられると思うので、大惨事にはならないと思いますけどね。

淵野辺で美味しい魚を欲したなら『魚がし』か、『遊喜や』の二択でして、どちらもリーズナブルに美味しい酒と魚をエンジョイ出来ます。

と、言う訳で5時間の飲み放題コース(3500円)が設定されている麻布生が羨ましい限りでして、僕も麻布生になりたいと思いました。以上です。