UA-65872922-1

Food News

ラーメンからカレーまで美味しい情報を大きな写真で配信中!ランチや食べ歩きの参考にどうぞ。

【デカ盛り】相模原の『自由軒』のチャーハンが一番美味しいと思うのですが?【炒飯】

calendar

reload

【デカ盛り】相模原の『自由軒』のチャーハンが一番美味しいと思うのですが?【炒飯】

『自由軒』@相模原

神奈川県相模原市中央区 相模原5-11-3

営業時間 11:30~15:00 18:30~22:00

不定休

『自由軒』Googleマップで表示

横浜の名店『自由軒』がまさかの相模原に?

横浜でもマニアックな中華料理屋さんとして、一部の人に絶大な人気を誇る『自由軒』が、しれっと相模原にオープンしていました。

筆者も当初は横浜の『自由軒』と関係ない店だろうと思ってスルーしていたのですが、実は『自由軒』の”弟さん”の方が相模原に引っ越して来て店を営業しているとの情報をキャッチした次第です。

これが本当の兄弟店ってヤツですが、暖簾分けとかそういう次元ではなく、そのまま横浜の『自由軒』が相模原の西門にやって来たと言っても過言ではありません。

『自由軒』の素晴らしい所を挙げてみると、”美味い、安い、ボリューム満点”の三拍子が揃っていて、とにかく流石は横浜の名店『自由軒』と唸るしかありません。

オープンして数年の『自由軒』ではありますが、すでに相模原を代表する大衆中華料理の名店として大人気でして、今やランチタイムは満席になるほどの盛況ぶりで御座います。

なお、『自由軒』とは1㎜も関係ありませんが、西門の有名店『居酒屋さかもり』が閉店していたのは地味にショックです……。

『天津チャーハン』(800円+大盛り200円)

『自由軒』と言えば、やはりこの『天津チャーハン』こそ至高ではないでしょうか?

炒飯に定評のある『自由軒』のフラッグシップと呼べる『天津チャーハン』が相模原に与えたインパクトは計り知れません。

大盛りになると、その美しいビジュアルと裏腹に暴力的なボリュームになり、全てにおいて相模原で最強の炒飯となります。

ちなみに横浜では裏メニューとなる数々の料理が、この相模原の『自由軒』では普通に食べられるのが嬉しいですね!

”天津丼&炒飯”って感じの”分かりやすい旨さの足し算”ですが、お値段が200円しか変わらない点を考慮すると、とりあえず初見から『天津チャーハン』を攻略するのも悪くないと思います。

『チャーハン』(600円+大盛り200円)

『自由軒』のバックボーンとなる『チャーハン』で御座います。この基本となる炒飯が美味しいからこそ、他の『キムチチャーハン』や『天津チャーハン』が光るのです。

まさに炒飯のベーシックスタンダードにして王道であり、この美味しさ&ボリュームを知ってしまうと、他の店ではガッカリしてしまう諸刃の剣で御座います。

ちなみに『自由軒』の”大盛り”はデカ盛りレベルですので、食べる自信が無い人にはオススメ出来ません。

『五目チャーハン』(800円+大盛り200円)

そもそもが基本の炒飯ですら”チャーシュー”が大量に入っているのに、あえて『五目チャーハン』を選択する必要があるのかと悩んでいた筆者ですが、その悩みを解決する為には食べるのが一番かなと思った次第です。

結果、こんな感じでしょうか?

いつもよりチャーシューも微妙に増えている気もしますが、やはり決定的な違いは「海老とイカが入っている」って感じです。

以上です。

『キムチチャーハン』(700円+大盛り200円)

筆者(YELLOW)は炒飯原理主義者ですので、あえてアレンジした炒飯類は好まないし、炒飯にキムチとか死ねって思ってるレベルなのですが、あえて言おう!

「自由軒のキムチチャーハンは美味い!」

そもそもが、この『自由軒』のキムチは美味しいので、後は調理法さえ正しければ不味くなる訳がないのですが、それを大衆中華のプロフェッショナルが全力で作る事で、更なる高みに到達した感があります。

横浜まで行かなくても相模原の西門で『自由軒』の美味しい料理が愉しめるとか、まさに”俺得案件”でしかありません。

味の決め手となるキムチの美味しさよ……。

スープは可もなく不可もなしですが、それで十分じゃないでしょうか?

中華丼(800円+大盛り200円?)

『中華丼』に関しては”ライス大盛(100円)”なのか”チャーハン類大盛(200円)”なのか忘れてしまいましたが、細かい事は気にしない方向でどうでしょう?

絶望するほどの”餡かけ野菜”のボリュームも激ヤヴァですが、それ以前にあえて言おう!

「ワイ、キャットタンやねん……。」

まあ、生来の猫舌とも言いますが片栗粉によって保温効果の高まった”野菜餡かけ&ライス”とか無理ゲーです。

ちなみに味の方はマーベラスでして、時には炒飯以外を攻めてみるのも有りだなと思った次第です。

『半カレーライス』(300円)

コスパに優れる『自由軒』において最高にお得感が極まる、むしろ逆に安すぎて申し訳ない感に悩まされるのが、コチラの『半カレーライス』で御座います。

『半カレーライス』の”半”とはなんなのかって話ですが、多分”半沢直樹”の半では無いと思います。

『カレーライス』(600円+大盛り100円)

「じゃあ普通の『カレーライス』ってどんなだよ!」って事でオーダーしたのが、コチラの『カレーライス』(大盛り)で御座います。

一応、言わなくていいと思うけど芸風だから言いますが、あえて言おう!

「大盛り過ぎて、ますます普通サイズが分からん!」

とりあえず『カレーライス』の大盛りは危険だと言う事だけ、一般ピープルに伝える事が出来れば本望です。

肉もゴロゴロ入っていましたが、ジャガイモも入っていた事を報告します。

『焼き餃子』(350円)

やはり大衆中華料理の要は餃子かと思いますので、この『自由軒』の『焼き餃子』も食べておきたい所です。

ツウは『焼き餃子』と『チャーシュー盛合せ』(600円)でビールを昼間からエンジョイします。

『水餃子』(500円)

『ワンタンスープ』(500円)も神ですが、この『水餃子』も美味しいのでオススメで御座います。

横浜の『自由軒』も酒に適したアイテムが豊富ですが、相模原『自由軒』も負けていません。

店主が普通に餃子のタレで食べても美味しいと言うので、試してみたらイケてました。中盤以降はこの食べ方で安定ですね。

立ち位置としては『チャーハン』&『水餃子』が理想なのですが、二品となるとボリューム的にヤヴァイので『半カレー』あたりと組み合わせるのがベストです。

『しいたけラーメン』(800円+大盛り150円)

『自由軒』のレギュラーメニューで昔からのナンバーワンと言えば、やはり『しいたけラーメン』ではないでしょうか?

ぶっちゃけ、さして椎茸に興味のない筆者的には気が乗らなかったのですが、試しに食べてみたら椎茸の美味しさに取り憑かれてしまいました。

この圧倒的な”シイタケヂカラ”は食べてみなけりゃ感じる事が出来ないので、とりあえず一度は食べてみて下さい。

かなり大きな椎茸を使っているので原価的にはキツいと思いますが、この大きさでないと出せない味があると思います。

なお、大盛りは麺の量が(略

『ワンタンメン』(700円+大盛り150円)

”小田原系ラーメン”の元祖である『味の大西 本店』のワンタン麺で育った筆者にとって、ラーメンにおける最高の友はワンタンであり、ラーメン類の頂点に立つのはワンタン麺であります。

つまり、ワンタン麺があったら試さずにはいられない衝動……。

『自由軒』の餃子や水餃子もレベルが高いと思ったのですが、やはりワンタンの方も美味しいですね。

ちなみに『自由軒』の大盛りは麺2玉くらいなのですが、それでもワンタンが余ってしまうくらいの数が入っていました。

相模原で思う存分”ワンタン”を食べようと思ったら、やはり『自由軒』に行かなくちゃですね!

『チャーシュー丼』(800円+大盛りいくらだっけ?)

麺類の方は賛否が分かれる『自由軒』ですが、炒飯やら中華丼、天津丼などの”御飯モノ”に関しては相模原でもナンバーワンの中華料理屋さんだと思います。

そして、その頂点に立つメニューがコチラの『チャーシュー丼』で御座います。

『天津チャーハン』と双璧をなすと言っても良いのですが、絶対的な肉量とボリューム感で頭ひとつリードした感じです。

正直、この『チャーシュー丼』(大盛り)に比べたら、この世の丼の大半は”貧弱貧弱貧弱ゥ”と言わざるを得ないほどの実力差が有ります。っていうか、勝負になりません。

『自由軒』の美味しい炒飯も、流石ににちょっと飽きたかなって思うレベルの賢者が、こちらの『チャーシュー丼』に進むので初心者は手出し無用です。

ちなみに『チャーシュー丼』はラーメンの丼に入ってくるので、大盛りの時の御飯の量はお察しです。