UA-65872922-1

Food News

ラーメンからカレーまで美味しい情報を大きな写真で配信中!ランチや食べ歩きの参考にどうぞ。

神田『五ノ神水産』の鮮魚系ラーメンが美味しいので試して欲しい(特に女子層)

calendar

『五ノ神水産』@神田

東京都千代田区 神田多町2-9-6 田中ビル別館1F

営業時間 11:00~15:00 17:00~21:00

定休日 無休

『五ノ神水産』Googleマップで表示

鮮魚系ラーメンの最先端を走る『五ノ神水産』

秋葉原からも歩いて行ける『五ノ神水産』は、筆者のパトロール最重要地点と言っても過言ではありません。

秋葉原のラーメンも食べ尽くしたので、ここ最近は他を開拓中なのですが、神田駅までブラブラ歩きながら、また食べる的な何かで御座います。

若干、新宿行くなら御茶ノ水駅って選択肢もあるのですが、あそこは秋葉原からだと上り坂になるので、その選択肢はありません。

と、言う訳でみなさんも『五ノ神水産』とか如何でしょうか?

『帆立つけ麺』(限定)

と、言う訳で今日はどんなラーメンやってんのかな~みたいな感じで、『五ノ神水産』の限定メニューをチェックしてみた所、

「ホタテを飲んでみませんか?」

みたいな気になるフレーズに惹かれて店内にインした筆者です。

結果、こんな感じの『帆立つけ麺』ですが、どうでしょう?

写真だと香りとか分からないのですが、このホタテ感はヤヴァイですね!

かなりの濃度まで詰められたスープは、全粒粉入りのワイルドな中太麺に負けないチカラ強さがあります。

盛り付け方もオシャンティーで良い感じじゃないでしょうか?

『五ノ神水産』の麺も筆者的にはハマるんですよね~

そして鶏チャーシューの美味しさも、際だっていると思います。

ん~……最近は”またオマ系”(またお前か)と呼ばれる濃厚魚介豚骨系つけ麺が溢れているので、逆に『五ノ神水産』みたいなのが個人的にはイケてるんですよね。

実際、鮮魚系のスープで言えば『五ノ神水産』で安定ですし、他の店は限定で鮮魚スープをちょこっと試すくらいですが、ここはガチに鮮魚系を研究してるので、やはり結果に差が出ると思います。

このホタテ感……いいんじゃないでしょうか?

『江戸甘味噌らーめん銀鮭搾り』(限定)

はい、と言う訳でコチラも限定となります。

無論、レギュラーも良いんだけど「レギュラーメニューは次回でいいかな?」みたいな感じになっちゃうので、基本的には限定メニューしか食べないパターンでしょうか?

今回も「鮭を飲んでみませんか?」と言う挑発に乗ってしまった感は否めませんが、やはりこの『五ノ神水産』……只者ではないでしょうか?

珍しい所では、ラーメンに白菜の組み合わせでしょうか?

しかし、鍋に白菜は有りだし味噌との相性も良いので、このラーメンに関しては白菜も出番があると思います。

気になる味噌的な何かですが「極端に甘いとどうかな?」みたいな心配もあったのですが、そこら辺は上手く調整して来た感じです。

逆に、この甘さが微妙にラーメンの塩気を引き立てるので、むしろ”江戸甘味噌”の甘味噌的な先入観と言うか、不安はゼロと言っておきましょう。

そして!

気になる銀鮭スープとの相性ですが、そこは伝統の”ちゃんちゃん焼き”でもプルーフされているので、一切の不安はありません。

「美味いビジョンしか見えない!」

わりと鮮魚系のスープはサラッとした清湯系で出す店が多いのですが、この『五ノ神水産』はかなり詰めて濃度を上げ、まさに”搾る”みたいな感じですので濃厚さ加減もパネェ感じです。

そこに合わせる麺ですが……今回は全粒粉のツブツブこそ見当たらないものの、色合いからして外殻も合わせて細かく挽いた小麦粉な可能性……あるでしょうか?

ちなみに『五ノ神水産』のメンマはガブリと喰らいつくサイズでして、大変美味しい奴で御座います。

合わせる鶏チャーシューも安定の旨さでしょうか?

結果、ラーメンとして非常に完成度の高い一杯だと思います。

ご馳走様でした!

『五ノ神水産』 総評

と、言う訳で日替わりと言うか限定的な感じで、様々な鮮魚ラーメンを出してくる『五ノ神水産』は、個人的に好きな店ですね。

昨今のラーメンは多種多様、まさに自分の好きなラーメンをユーザーが選べる環境になっていますが、やはり最大公約数と言うか「誰にでも好まれる味」に落ち着いちゃう感じは否めません。

そりゃ、マニアだけを相手に商売出来るラーメン屋さんは少ないので、そうなるのも自然の摂理なのですが、逆にラーメン屋さんは昔より増えたものの、「そんなに目新しいラーメンも無いよね?」みたいな時代だと思います。

特に、さして『吉村家』へのリスペクトも感じられない、なんちゃって家系ラーメンチェーン店の台頭には、警鐘を鳴らしたい筆者です。

そんなラーメン砂漠時代、コチラの『五ノ神水産』が光るかなと注目している筆者でして、とりあえず常にマークしている感じでしょうか?

また、濃厚ながらも鮮魚や貝系なので豚骨よりも罪悪感が少なく、何気に女子層にはマストな一杯だと思うので、さして女性ユーザーを望めない当サイトですが、この『五ノ神水産』だけは、女子が食べるとハマるラーメンだと言って起きましょう。

是非、みなさんも一度くらいは『五ノ神水産』で、鮮魚系ラーメンって奴を試してみて下さい。