町田市『らぁめん信 shin』がオープンしたので塩ラーメン@旧進化本店

町田市『らぁめん信 shin』がオープンしたので塩ラーメン@旧進化本店

『らぁめん 信 shin』本日オープン!

町田市金森『らぁめん 信 shin』(旧 進化本店)看板

と、言う訳で2024年7月11日にオープンした、町田市の『らぁめん信 shin』で御座います。

まあ、普通に『進化 本店』のリニューアル的な感じでして、ゆえに場所と言うかロケーションも前の店と同じだぞと。

町田市金森『らぁめん 信 shin』(旧 進化本店)外観写真2

しいて言うなら、なんかしばらくは”記帳制”になると思われるので、どちらにせよ『らぁめん信 shin』のInstagramアカウントを、フォローしたおいた方が良いと思います。

ちなみに本日は10時に記帳開始だったので、明日も多分にそんな感じかな~って。

町田市金森『らぁめん 信 shin』(旧 進化本店)暖簾

で。

記帳したらイイ感じの時間に戻って来て並ぶ訳ですが、とりあえず近隣の『びっくりドンキー』、略して”くりドン”でモーニングとかパフェをエンジョイしてたら、良い感じの時間になると思います。

『らぁめん信 shin』のメニュー

町田市金森『らぁめん 信 shin』(旧 進化本店)メニュー4

って事で、メニューの方はこんな感じ~

大体はまあまあ、前の『進化 本店』に近い感じのメニューな雰囲気ですが、値段は爆上がりしていると思います。

町田市金森『らぁめん 信 shin』(旧 進化本店)メニュー1

いや、去年はベーシックな『しおらーめん』は950円だったのですが、今は『塩らぁめん』が1250円ですからね?

町田市金森『らぁめん 信 shin』(旧 進化本店)メニュー2

だが、しかし!

まあ、値上げと言うかリニューアルして看板が変わっているので、そこら辺は別にいっかな~って。

『町田汁場しおらーめん進化 町田駅前店』つけ麺とかメニュー写真など

前の値段が懐かしいって人は、普通に町田駅前店に行けば、多分にもうちょい安く『進化』のラーメンが食べれるので、ココはもう『進化 本店』では無く、あくまでも『らぁめん信 shin』である事を忘れちゃダメだぞと。

町田市金森『らぁめん 信 shin』(旧 進化本店)券売機1

券売機の方は、こんな感じ~

まあね~

そもそも『進化 本店』のラーメンも、値段重視で食べに来る感じではなく、あくまでもラーメンの味で食べに来ていたので大丈夫だ、問題ない。

町田市金森『らぁめん 信 shin』(旧 進化本店)券売機2

むしろ、値段は上がったけれども、逆にラーメンの原価に対するリミッターは解除されたと言うか、前よりは余裕も出たはずですんで、ラーメンの味に期待したら良いと思います。

町田市金森『らぁめん 信 shin』(旧 進化本店)券売機3

ま、わざわざ看板を変えているのですから、その意味を良く考えないとでしょ~

ちなみに店内、まあまあ大体前と同じですんで、カウンター席とテーブル席少々って感じで御座います。

町田市金森『らぁめん 信 shin』(旧 進化本店)券売機4

そして!

一応は書いておきますが、この『らぁめん信 shin』も麺の硬めとかはやってないので、間違っても「カタメで!」とか言わないようにしましょう!

まあ、言うたらアレですが、麺カタメ決め打ち野郎に限って、そういう張り紙すら見てない可能性は高いけれども。

町田市金森『らぁめん 信 shin』(旧 進化本店)店内写真

ついでに書いておきますと、ラーメンは麺の大盛りも出来ないし、卓上調味料も相変わらず存在しない硬派なスタイルですんで、そこら辺も知ってて行くのが吉だと思います。

(つけ麺の大盛りは有る説)

『塩らぁめん』1250円

町田市金森『らぁめん 信 shin』(旧 進化本店)塩ラーメン1

こんな感じで、どうでしょう?

ん~……なかなか美味しそうなビジュアルですが、やはり『進化 本店』のラーメンとは、あれこれ色々と変わっていると思います。

まあ、リニューアルした新店舗ですんで、昔と比べてもって話ですけれども、あえて言おう!

町田市金森『らぁめん 信 shin』(旧 進化本店)塩ラーメン2

「結局、誰もが比べちゃう説と!」

いや、理論上は新しい店なんですから、過去と比べるのは野暮だけれども、そうは言うても誰しもが、まず一番最初に思い浮かべると言うか、比較対象にするのは『進化 本店』のラーメンでして、こればっかりは仕方ないじゃない?

町田市金森『らぁめん 信 shin』(旧 進化本店)塩ラーメン3

ん~……そう考えると、やっぱ緑色って事で言うのなら、普通にネギの方が有り難いかも?

ま、そこは個人の好みだと思いますが、個人的には水菜とかの葉っぱ系、ラーメンには1mmも合わないと思ってる派で御座います。

町田市金森『らぁめん 信 shin』(旧 進化本店)塩ラーメン4

だが、しかし!

まあ、そこは別にスープに大して悪さをする訳でも無いし、葉っぱが嫌いな訳では無いので、最初に全部食べちゃえば大丈夫だ、問題ない。

町田市金森『らぁめん 信 shin』(旧 進化本店)塩ラーメン5

もしも、コレが”柚子”とかですと、スープに対する影響も少なくないので、有っても無くってもみたいな、ニュートラルなスタンスにはならないけれども。

ま、もしもこのラーメンに”柚子”が乗ってたら、多分に「女将を呼べ!」にな(略

町田市金森『らぁめん 信 shin』(旧 進化本店)塩ラーメン6

さてさて。

そんなこんなで『らぁめん信 shin』の『塩らぁめん』ですけれども、どんなもんかなと。

とりあえず見た目、なかなかしっかりしたスープ感と言うか鶏感でして、もしかしたら”脱 清湯”な方向性も予感させる仕上がりかなと。

町田市金森『らぁめん 信 shin』(旧 進化本店)塩ラーメン7

いや、やはり清湯ですと限界があると言うか、どうしても清湯である事を優先すると、もうちょっと旨味を出したいのにな~ってトコロで、諦める形になるケースも無くは無いと思われ、求めるスープが清湯に収まらないのなら、何も無理して清湯にこだわる意味は無いと思います。

町田市金森『らぁめん 信 shin』(旧 進化本店)塩ラーメン9

そこはどちらが正解と言うよりも、求めるラーメンが何なのかって話ですんで、多分にそこら辺の垣根を超える意味も含めての『らぁめん信 shin』なんじゃないのかな~って。

って事で、気になる味の方ですが、あえて言おう!

町田市金森『らぁめん 信 shin』(旧 進化本店)塩ラーメン8

「前より好きな味かも知れんと!」

ん~……やはり見た目通りと言うか、値段なりにスープの中の鶏の存在感が大きくなってるかもでして、個人的にはコッチの方が好きかな?

町田市金森『らぁめん 信 shin』(旧 進化本店)塩ラーメン10

麺の方は多分に前と同じと思われ、これはこれで完成されているんじゃ無かろうか?

ご馳走様でした!

『塩らぁめん』総評

町田市金森『らぁめん 信 shin』(旧 進化本店)営業時間&定休日

と、言う訳で誠に美味しい感じの『らぁめん信 shin』の『塩らぁめん』でして、これは当たり前にリピートも有りだと思った次第。

ま、確かに値段は上がりましたが、以前の値段ではそろそろスープに妥協が生じるレベルの原価って可能性もあるので、そこら辺の妥協と言うか、どうしようかな~って部分を、丸ごと解決する為の300円UPだと思えば、まあ納得だと思いますよ?

いや、別に従来の『進化』が原材料をケチってる訳では無いけれども、やはり原価に縛られて、自分が作りたいラーメンが作れないストレスみたいなのは、多分にあったんじゃないのかなと。

町田市金森『らぁめん 信 shin』(旧 進化本店)駐車場

なので、現状ですと『進化』の方は同じ塩でも、わりと繊細な雰囲気も有りますが、この『らぁめん信 shin』の方向性は繊細と言うよりは、”チカラ強さ”かな~って。

そこら辺は『らぁめん信 shin』のスープを試して貰えば、分かると思うけれども。

多分、どちらもスープの豚は、大体同じだと思うけれども、やっぱ鶏が全然違うぞと。

って事で、店名だけでは無く、ラーメンの方もガラリと変わった『らぁめん信 shin』ですので、是非みなさんも食べに行ってみて下さい。

『らぁめん信 shin』営業時間

東京都町田市森野3-18-17 ウイング森野 1F

営業時間 11:00~15:00

定休日 日曜日&月曜日

『らぁめん信』Googleマップで表示

相模原市役所の方に移転した『中村麺三郎商店』で塩ラーメン&メニュー写真

町田カテゴリの最新記事