『もとき食堂』東根ラーメンの血統を継ぐ”チャーシュー麺”とか@山形県東根市

2017-09-18

スポンサーリンク

『もとき食堂』@山形県東根市

山形県東根市神町南1-7-5

営業時間 11:00~20:00

定休日 月曜日

『もとき食堂』Googleマップで表示

なんとなくラーメン三昧じゃね?

まあ、地方に行かなくてもラーメンを食べているので、今更感はあるのですが、あえて言おう!

「やはりラーメンが最強であると!」

個人的には洋食とか天丼やらカツ丼の定食系も好きなのですが、サイトとして考えた場合、やはり検索されるのはラーメン系とデカ盛りの記事で御座います。

ここら辺、ラーメンとかデカ盛り系を欲する人は、貪欲に情報を集めているって事でして、食に対するコダワリがあるって事になるでしょうか?

ですので、地方ではよほどイケてない限りは、無難にラーメンを食べちゃうし、ラーメンの記事になっちゃう感は否めません。

ま、ラーメンは好きなので、なんら問題ないんですけども!

『チャーシュー麺』(800円)

60年来伝統の”東根拉麺”を受け継いだ”本格支那そば”との事でして、敬意を表して『チャーシュー麺』&『半チャーハン』をオーダーしてみました。

ま、”東根ラーメン”と言われてもピンと来ないのですが、伝統を重んじるスタイルはリスペクトです。

かなりのチャーシュー感、デフォルトでインしている胡椒、センターを司る”かまぼこ”……ビジュアル的にはイケてますね。

スープの方は動物系であっさりでもコッテリでもなく、なかなか表現が難しい感じですが、そんな感じと思って頂ければ幸いで御座います。

確かにコレと言ったパンチのないスープかもなので、デフォルトで胡椒をブッ込んでいるのも、ひとつの正解でしょうか?

まさに”支那そば”って感じの王道スープだと思います。

そしてウリとなる自家製麺ですが、やや太めの平打ち麺でして、ちょいと縮れた感じで食感も良く美味しい麺だと思います。

やはり東北地方の自家製麺はレベルが高いと、改めて思い知った筆者で御座います。

チャーシューもボリュームあり800円とコスパも高いので、ここはチャーシュー系を食べた方が幸せになれると思います。

気になる半チャーハンはパラパラ炒飯のパの字も無い感じですが、具沢山で美味しいですね!

ご馳走様でした!

『もとき食堂』 総評

スープ自体もそつなく美味しいのですが、やはり『もとき食堂』なら麺の美味しさをアピールしておきたいと思います。

元から麺を打つ文化のある東北地方ですので、やはり自家製麺のレベルは高く、この『もとき食堂』も十分に美味しい麺であったと報告しておきましょう。

あと、おそらく店主が巨人ファンでサインが沢山飾ってありましたが、筆者は野球に興味ないのでスルーしておきます。

是非、みなさんも『もとき食堂』の自家製麺を試してみて下さい。

スポンサーリンク