フィリピンで寿司を食べるなら”海老”がオススメな100の理由@『sushi ninja』

焼肉はせ川: 焼肉はせ川写真集 (Sea Monkey Design)

『sushi ninja』@マニラ市内?

Westgate Center, The Serenity Place, Westgate Center Filinvest Ave, Alabang, Muntinlupa, 1770 Metro Manila

営業時間 11:30~22:00

定休日 ほぼ無休?

『sushi ninja』Googleマップで表示

忍者案件発生ですと?

筆者が海外旅行と言うか出張で決めているルールは3つあります。

「マクドナルドで1回はハンバーガー食べる」

「帰国日は空港でバーガーキング食べる」

「忍者、侍はスルーしない」

若干、最後のルールが意味不明だと思うのですが、わりと海外で有りがちな”ニンジャ”とか”サムライ”の店をチェックしないで帰国すると、「あの店どんなだったんだろう?」みたいな気になる木が心の中に芽生えるので、そういう心残りを無くす為にもルール化してみた次第です。

ま、今回はほぼほぼ外出禁止のまま二ヶ月を終えるはずだったのですが、最後の最後で台風により飛行機欠航、マニラ市内で自由を二日間与えられた結果、迂闊にも忍者案件に遭遇してしまった模様……。

ちなみにコチラの『sushi ninja』ですが、その名の通り寿司的な忍者、もとい寿司屋で御座います。

『サッポロドラフト』P200

流石に晴れの日はそれなりクソ暑いフィリピンでして、ついつい我慢出来ずに日本のビールを飲んでしまった筆者です。

ま、そこは後1日くらい我慢しとけって思うのですが、確かにフィリピンのビールよか高いものの、200ペソ言うたら400円チョイなので1杯くらい飲んでもいいじゃない?

『サンミゲール ピールセン』P90

正式名称は”サンミゲール・ペール・ピールセン”って事でして、フィリピンでは色々とお世話になったビールで御座います。

コチラは1杯90ペソですので筆者の懐も痛まない仕様となっておりまして、どこの店でもコチラが”一番安いビール”みたいな感じでしょうかね?

他にもサンミゲール(サンミゲルでも可)の”ライト”とかも人気でして、フィリピンの人はライトを良く飲んでいる印象です。

『まぐろ、サーモン、海老』

そんなこんなで喉を潤してからの”握り寿司”となります。

流石に握り寿司のセット的な奴は1000ペソと安くはない感じですので、ココは安定のサーモン&海老を軸に決めてみた次第。

ん~……ま、思ったよりも悪くない感じでして、ちょっと鮪(まぐろ)が”お兄さん”な気がする以外は、なんら問題が無い感じでしょうか?

ま、このくらいなら食べても大丈夫な寝かせ加減ですので、お腹が痛くなる事は無いでしょう。

サーモンの方は海外寿司ネタでは定番と言うか人気が高く、そこそこ”当たりにくいネタ”だと思われるし、味もそんなに日本と変わらないと言うか日本も輸入モノですので大差ないかなと。

海老の方ですが、やはりフィリピンは海老を輸出してナンボな国ですので、海老に関してはなかなか良いのが手に入る為、海老の天麩羅とか海老のフライなど海老系料理はハズレが少ないので、積極的に食べる方向で良いと思います。

この海老もなかなか美味しい感じでして、ちょっと茹で過ぎだろ感はありますが、海老自体のレベルは高いですね。

ご馳走様でした!

『sushi ninja』総評

筆者が宿泊したホテルから歩いて行ける範囲内では、恐らく一番美味しい寿司屋だと思います。

さらに補足するなら、徒歩圏内には他に寿司屋って無さそうな事も報告しておきましょう!

とは言え、海外にしては握りも悪くなかったし、海外っぽい巻き寿司とか謎系創作寿司もあるんで、気になる人は食べてみたらいいじゃない。

総括としてフィリピンで寿司を食べるなら”海老”がマストアイテムでして、ある意味ボイルと言うか加熱しているので、安全面も含めてイチオシで御座います。

あと大事な事を最後に書くパターンですが、100の理由ってタイトルにありますが、あれは嘘と言うか本当に100も書いたらウザいんで、読みやすさを重視した結果”普通に書いた”事を報告したいと思います。(反省はしていない)

スポンサーリンク

関連記事