【日清】フィリピンで一番美味しいカップラーメンを探してみた【NISSIN】

美味しいカップラーメンを探せ!

はい、と言う訳でフィリピン生活2ヶ月間の集大成を発表したいと思います。

「フィリピンで一番美味しいカップ麺はどれか?」

基本、海外旅行のお土産で定番と言えばカップ麺と言うか”カップラーメン”こそ至高でして、もっとも”お手軽”かつ安価な土産として認知されております。

ま、人によっては現地のスナック菓子とかチョコレートを買うかもですが、東南アジアだとクソ暑いんでチョコレートはクソ溶ける可能性が高いし、スナック菓子も美味しくないので、ぶっちゃけ貰う側としては微妙で御座います。

その点、カップラーメンであれば多少不味くても「こういう味なのか~」みたいな感じで、それまた海外っぽさをアピール出来ますし、湯を注ぐだけなので手軽に食べられるのでソコソコ喜ばれるんですよね。

「カップ麺は嵩張るんで即席ラーメンで良くね?」

と買う側は思うかもですが世の中には即席ラーメンすら作るのが面倒と言う、人として救い難い人種も少なからず存在するので、やはりカップラーメンが安定って事でFAです。

ちなみにフィリピンとかタイって、やたらとカップラーメンのハーフサイズが売っているんで、収納スペースを考えるとそこら辺をチョイスするのも正解でしょうか?

ま、確かにフルサイズに比べると「なんか小さくね?」みたいな気もしないでもないし、ただただ無料で貰うだけの人(受け取り主)に「小っさw」とかストレートに言われると思うので、あえて言おう!

「大丈夫だ、問題ないと!」

ぶっちゃけフルサイズで食べたくなる程にフィリピンのカップラーメンは美味しくないので、ハーフサイズでもまったく問題無い事を報告しておきたいと思います。

『CHICKEN MAMI』(ラッキーミー)

こちらの”GO CUP”シリーズがフィリピンではメジャーかと思われます。

写真のフルサイズですと……30ペソとか40ペソだった気がしないでもないですな。

ま、そこまで値段が気になる金額でも無いんで、70円前後と思って頂ければ幸いです。

中身はこんな感じでして、スッカスカのネギ的な何かと言うか、すでに崩壊して粉末状になった具しか無いってのは切ないですな……。

気になる味の方ですが、まあそれなり鶏的な味わいのカップラーメンでして、特に不味いって部分も無いので、それなり食べられると思います。

『LA PAZ BATCHOY』(ラッキーミー)

フィリピンって昔はスペインの植民地だったので、タガログ語が一瞬スペインっぽう聞こえる瞬間もあると言うか、何気にスペインの単語も使っているんでしょうかね?

もっとも”バッチョイ”が何を意味するのか知らないですし、かと言ってネットで調べる程に興味もないので軽くスルーしておきますが。

コチラも具は乾燥させている為に粉末状になっちゃった系でして、ぶっちゃけ”素ラーメン”的な感覚になってしまうのは否めません。

そう考えると「日本のカップラーメンは具沢山だな~」みたいな小さな幸せを日本で噛みしめる事が出来るので、そう言った意味でも他国の食文化に触れるのは大事な事かなと。

気になる味の方ですが……バッチョイ感がパネェ感じでして、意外とスープは”あっさり系”ですので、これまた味的には悪くない一品で御座います。

『PANCIT CANTON』(ラッキーミー)

さて、まったく盛り上がらない感じのフィリピンカップラーメンでして、ぶっちゃけ「どこら辺がフィリピンやねん!!」みたいな突っ込みがそろそろ発生するタイミングですので、あえて言おう!

「味の決め手はカラマンシーであると!」

ま、筆者も”カラマンシー”とか良く分からないんですけれども、なんか料理とかに付いて来る”小さいライム”と言うか”かぼす”とかソッチ系な柑橘系フルーツでして、フィリピンではレモンよりもメジャーな感じで御座います。

と、言う訳でコチラのカップラーメンは隠し味にカラマンシーが使われておりまして、それなりフィリピンのオリジナル風味である事を、否応無しにアピールして来る感じが素敵ですね。

気になる味の方ですが……まあ、カラマンシーの酸味があっても邪魔になっていないと言うか、それなり味のアクセントになっているんで美味しいと思います。

もっともタイのトムヤムクン味なカップラーメンに比べると酸味も控え目ですので、「これってカラマンシーなんやで!」(ドヤ)みたいなアピールしておかないと、まったく地味なカップラーメンで終わってしまうので、そこら辺は注意が必要でしょうか?

個人的には”ラッキーミー”の中では、コレが一番美味しいと思います。