相模原の”つけ麺”を語るなら『一億兆』は必食である可能性@淵野辺駅南口

『つけ麺並』750円

と、言う訳でコチラが酸いも甘いも噛み分けた『一億兆』の”つけ麺”で御座います。

ビジュアル的には大人しい感じですが、まあコレが『一億兆』ですので。

ま、今でこそ相模原にも様々な”つけ麺”が有りますが、昔々はそもそも”つけ麺”自体がメジャーではなく、この『一億兆』は”つけ麺”的なジャンルにおいて圧倒的な人気を誇っていた訳ですよ。

いや、今でもこの味が好きって人も一定数は存在しているので、そう言った意味では確立された味って事で、今でも人気と解釈出来るかもですが。

パッと見た感じ、ほとんど具材が見えませんが、チャーシューとかナルトも千切りになってスープに沈んでいるだけですので安心して下さい。

気になる味の方ですが、酸味の尖った主張あるスープで御座います。

見た目、それなり背脂感もありますが、酸味によって中和されているので、コレは実質カロリーゼロなんじゃなかろうか?

麺は昔々こそ自家製麺だったらしいのですが、そこそこ前から製麺所の奴に切り替わっていて、個性もちょっと薄まっちゃったかもですね。

とは言え、今でもそれなり美味しい『一億兆』ですし、濃厚豚骨魚介な奴に飽き飽きしている人にはワンチャンあると思います。

ご馳走さまでした!

『つけ麺並』総評

今となっては想い出の味みたいなニュアンスが強く、昨今の洗練された”つけ麺”に比べるとアピールポイントに欠けるかなとは思いますが、それが『一億兆』ですのでコレはコレで良いじゃない。

ボリューム的には並でもそこそこイケてるのですが、いかんせん0.5玉単位で100円増しみたいな値段設定、スープはスープで増やすと別課金、コスパ的には微妙ですので量を食べると言うよりは、『一億兆』の味を求めて行く店かなと。

とは言え、この『一億兆』の味は意外と相模原には無い感じですので、まだ『一億兆』で食べた事が無い人はワンチャンあると思うし、『一億兆』が好きって人には他の候補も特にないので、まだまだ『一億兆』も戦えるんじゃなかろうか?

そんな感じで色々とあった『一億兆』ですが、相模原の”つけ麺”を語るなら必食の店である事は間違いないので、まだ1度も食べた事が無い人は試してみて下さい。