『若月』の焼きそばが平日の昼限定で復活してたので食べて来た@新宿

もつ焼き『縄文の豚』

東京都新宿区西新宿1-2-10

営業時間 謎

定休日 謎

『縄文の豚』Googleマップで表示

思い出横丁どうでしょう?

それとなく新宿に進出した筆者でして、ちょいと”思い出横丁”に寄ってみた次第です。

したら『かめや』で”天玉そば”を食べるじゃない?

すると、どうでしょう?

隣の店(『縄文の豚』)で、すでに閉店してしまった『若月』の”焼そば”を、平日限定(17時まで)で提供しているっぽい感じでして、これは食べる1択じゃない。

『若月 焼きそば大』600円

こんな感じで、どうでしょう?

むむ!

この皿は間違い無く『若月』時代の皿でして、限りなく再現度は高いんじゃなかろうか?

と、言うか厳密には『若月』の元店主が平日の昼間限定で、この『若月 焼きそば』を作っている為、オリジナルそのままの復刻と思って間違いないと思います。

(ま、前はオカンが作ってた事が多かった気がするのですが)

いや、あまり店主の顔は覚えて無かったのですが、火傷の跡で思い出したりして。

ん~……味付けの方も確かに『若月』でして、今は鉄板こそ普通の鉄板になったものの、この『若月 焼そば』の味は見事に再現されているので、食べてガッカリする事は100%無い事を報告しておきましょう。

ご馳走さまでした!

『若月 焼きそば大』総評

『若月』の焼きそばって何気に麺が美味しくて、今でもその美味しさは変わってないと思われ、十分に食べる価値ある逸品だと思います。

ってか、もう二度と食べれないと思っていた『若月』の焼きそばを再び食べられるってだけで神案件ですので、平日の昼間のみとハードルは高いものの、そこは頑張って時間を作る方向でよろしいんじゃなかろうか?

そんな訳でまだ知らない人の方が多いと思うのですが、今は平日の昼間に『縄文の豚』で『若月』の美味しい焼きそばが食べられるので、是非みなさんも食べに行ってみて下さい。