『冷しぶっかけたぬきそば』を最初から水で作るライフハック

圧倒的に手を抜きたいオレ

と、言う訳で先日は”マルちゃん”『冷しぶっかけ たぬきそば』を湯切らずアツアツのまま食べたら、むしろ『緑のたぬき』より美味かったと言う驚愕の事実が発覚したのですが、あえて言おう!

「やっぱ冷やして食べてみたいと!」

そもそも冷やして食べる『冷しぶっかけ たぬきそば』を冷やさず食べるとか、それはそれで開発者に申し訳ない気が1㎜くらいはするので、せっかくなので冷やしたバージョンを食べたいのですが、あえて言おう!

「やっぱメンドクセーと!!」

もう面倒なんで写真も先日のを使い回す感じでして、これぞ”雑レビュー”の真骨頂で御座います。

最初から冷やして作る

「何を言ってるんだコイツは?」感が先行すると思いますが、要するに熱湯で『冷しぶっかけ たぬきそば』を作るから、水を入れて3回も水切りする手間が増える訳でして、だったら「YOU!最初から水で作っちゃいなYO!」が俺ん中ではジャスティス。

と、言う訳で水をブチ込んで冷蔵庫で15分待ちます。

わしゃ天才か?

いざ実食!

この手法であれば湯すら沸かす必要もなく、水を捨てるのも1回きりですので合理的。

まさに悪魔の発想。

さて。

ついでに冷蔵庫で冷やした液体”つゆ”をブチ込んで。

”かやく”的なのをブチ込んだら食べるのみで御座います。

結果!

まあ、それなり美味しいんじゃね?

冷蔵庫に15分入れておいたので、当たり前に冷え冷えですし?

しいて言うなら、やっぱ湯を入れたまま普通?にホットで食べた方が好みかもですが。

ご馳走さまでした!

『冷しぶっかけ たぬきそば』総評

多分、湯を沸かすエネルギーとか3回も水切りさせられる手間や水道代を考えたら、最初から冷蔵庫、なんなら常温でも良いので水で作ったら良くないですか?

勿論、一分一秒を争うほど早く食べたいなら湯を沸かした方が時短ですが、この作り方だと作業量は格段に少ないので、筆者の様なナマケモノにはベストな調理法だと思います。

と、言う訳で「水でもカップラーメンは作れる」みたいなライフハックの延長線ですが、むしろ『冷しぶっかけ たぬきそば』こそ最初から水で作るべきカップ麺かもですので、ワンチャンどうでしょうか?