『ほうき屋』牛骨的な正油ラーメン&牛スジ丼セットでどうでしょう?

牛骨らーめん『ほうき屋』@相模大野

神奈川県相模原市南区相模大野5-34-9

営業時間 11:30~14:30 18:00~22:00

定休日 日曜祝日

『らーめんほうき屋』Googleマップで表示

「牛骨らーめん」どうでしょう?

今はラーメンの種類ってメチャ増えたので、ジャンル分けとか大変な感じですが、超大雑把に言えば”豚、鶏、牛、乾物、貝、鮮魚”って感じの出汁に大別されると思うし、それらを組みあわせたりして、様々なラーメンを作っている訳ですよ。

更に言うなら同じ豚でも肉からの出汁だったり、豚骨言うてもゲンコツとか頭骨、背ガラなどなど部位による違いもあるし、さらにスープの炊き方で清湯とか白湯とかありまして、とにかくラーメンってメチャ種類が多いって事は、あらためてアピールしておきたい筆者で御座います。

で。

まあ、相模原ら辺ですとガッツリな豚骨系が多いのですが、ここ数年で鶏系の清湯スープで意識高いヤツとかも出て来ているのですが、あえて言おう!

「牛骨ラーメンは貴重であると!」

そもそもが、鶏ガラとか豚骨とかのラーメンは普段から食べてる感じですが、牛骨を使ったラーメンを食べた事がある人って、意外と少ないんじゃないですかね?

ま、最近は業務用の”牛骨ラーメンスープの素”みたいなのも売ってますので、チェーン店とかでもチョイとメニューに入れたりしてた記憶ですが、ガチンコの牛骨ラーメンって今現在は相模原市内だと、相模大野ら辺の『ほうき屋』だけだと思います。

いや、超昔は古淵駅ら辺に牛骨ラーメンの店がオープンして「おおっ!」と思ったのですが、オープンして半年も経たずに”狂牛病”騒動があり、マッハで閉店しちゃったんですよ。

あの頃は焼肉屋ですら超閑古鳥でして、多くの焼肉屋さんが潰れたし、あの『吉野家』ですら極一部の店舗を除いて牛丼の販売を自粛してたくらいですので、そりゃ牛骨を使ったラーメンとかイメージ的には完全にOUTかなと。

(勿論、牛骨ラーメンは安全性に関しては無罪だったと思うんですけどね!)

まあ、そんな狂牛病も今は昔って感じでして、恐らく昨今の若人は狂牛病って単語すら知らない可能性……あると思います。

と、言う訳で一時期は完全に日本から消え去った牛骨的なラーメンも、今はちょいちょい復活していて、例えば相模原だとコチラの『ほうき屋』とかがメジャーなんじゃなかろうか?

店内、ブルーエンジェルスカラーで統一され、マニアには堪らない配色の空間でして、店内も広いので居心地は良いと思います。

メニューは大体、こんな感じ。

若干、スマホでは文字が見にくいかもですが、スマホ基準で券売機の写真を撮ると写真4枚とかになっちゃうので、それはそれで無理ゲーでして、スマホ勢は各々で拡大する方向でお願いしたいと思います。

ちなみに駐車場は店の右側に何台分かはある模様。