2019『大つけ麺博』美味しいラーメン集まりすぎ祭@実食レビュー的な何か

『美味しいラーメン集まりすぎ祭』ですと?

はい、と言う訳で今年も新宿大久保公園で開催される『大つけ麺博』の季節でして、今年のタイトル的な何かは”日清ラ王PRESENTS 美味しいラーメン集まりすぎ祭”みたいな感じで御座います。

え~、今回は史上最大の100店舗が入れ替わりで出店するって事でして、ぶっちゃけ「約1ヶ月間の間に大久保公園で100店舗ってどうやるの?」みたいに思った筆者ですが、その答えは『大つけ麺博』の公式サイトを見て頂く方向で!

『大つけ麺博』公式サイト

https://dai-tsukemen-haku.com/

会場 新宿 大久保公園

開催日 10月3日(木)~11月4日(月)

開催時間 11:00~21:00

全店共通食券制 1杯券870円 10杯分回数券8000円

新宿 大久保公園Googleマップで表示

そして!

わりと鬼大事な事なので忘れないウチに書いておくパターンですが、今回も筆者の大好きな、それはそれは大好きな”日清ラ王”様のスポンサードにより、なんと『大つけ麺博』で11時~18時までの時間で食べて頂いた方に、日清ラ王の袋麺をお一人様1つプレゼントとの事!

(各時間規定数に達したら終了します)

どういう時間で配るのかは謎ですが、とりあえず朝イチで食べたらGET出来ました!

ん~……これは普通に美味しそうなので、今度スーパーに買いに行ってみようかな?

あとラーメン屋さんでお馴染みの”GABAN”様のスポンサードにより、今回は各テーブルにコショウ的な調味料が置いてあるので、そこら辺を試してみるも一興かと存じます。

ちなみにパンフレットには、それぞれのラーメン&つけ麺に「黒コショウが合う、白コショウが合う」みたいな事が書かれているので参考にしたらいいじゃない。

さらに!

今回も”アサヒビール”様のスポンサードで会場には『アサヒ スーパードライ生ビール』が販売されているので、ガブガブ飲んでみたら良いと思います!

『大つけ麺博』開幕を攻略!

え~、なんだかんだと筆者も『大つけ麺博』的なイベントは回数を重ねているので、わりと最近は”攻略法”みたいなのが見えて来た気が1㎜くらいするので、一応は書いておきます。

まず、基本的にどの店も選りすぐりのラーメン店でして、ぶっちゃけハズレは存在しないのですが、そこはラーメンって食べ物ですので、やはり自分の嗜好と言うか”好きなラーメンのタイプ”を明確にイメージして、パンフレットを何度も何度も、それは何度も見返してから食べに行くのが基本の”き”でしょうか?

ま、逆にノールックでフィーリングのみで店を選ぶって技もありますが、それは初心者にとってはリスクが高いので、やはり自分が食べたい店を予めピックアップしとく作業は大事かなと。

雨の日はチャンスの日?

そして!

『大つけ麺博』の会場に行くと、その行列の長さにゲンナリするかもですが、あえて言おう!

「マッハで回しているので回転は早いと!」

ここら辺は主催者さんが一番こだわっている点と言っても過言ではなく、見た目よりは早く食べる事が出来るので、諦めない強いハートも必要かなと。

とは言え、最終的には超人気店ですと超並んでしまう事があるのですが、実は雨の日だと行列が半分以下、なんなら並ばない体で食べれる事もあるので、逆に雨の日を狙って食べに行くって時短ワザも存在します。

もっとも今回はスケジュールによっては1日とか2日間しか出店しない店もあるので、雨が降るかどうかは神のみぞ知るって感じですけども。

ま、それでも14時~17時までは、わりと会場も空いているので、時間が許すならソコら辺を狙うのが一番で御座います。

”ぶーたん” vs ”トッピングガールズIRDK”

まあ、ここら辺は記事の尺的な関係で触るか触らないかの瀬戸際ですが、今年は”豚レバー”の愛称で極一部のマニアに慕われている、ラーメンYouTuberの”ぶーたん”が毎日『大つけ麺博』の会場に居るとの事。

実際、”ぶーたん”が会場の端っこで静かにラーメンを食べているのを初めて生で見たのですが、やはり”豚レバー”(蝶ネクタイっぽい何か)の部分しか目に入って来ませんでしたね!

(豚レバーが本体で人の形をしてる方はダミー説)

そして!

あのトッピングガールズが急遽招集された結果、会場の騒音問題云々もあり今回は”トッピングガールズIRDK”(居るだけ)として会場に、ほぼほぼ毎日居るのかな?

個人的にはこの前代未聞の”居るだけ対決!”にも注目してみたいと思います。

いざ実食!

そんなこんなで実食ですが、今年の『大つけ麺博』開幕初日は10店舗、すでに10軒食べるのは無理ゲーですので、どこら辺から食べるか悩む感じの筆者ですが、あえて言おう!

「続きは次ページですと!」