セブンプレミアム『蔦 醤油Soba』的カップラーメンを食べてみた

『蔦』(つた)のカップ麺ですと?

と、言う訳でだんだんセブンイレブンに行く機会が増えて来た感じの筆者ですが、まあ”セブンイレブン限定商品”みたいなのも、ちょいちょいあるのでコレもネタの一環かなと思うのですが、あえて言おう!

「蔦(つた)のカップ麺もあるのかと!」

『蔦』と言えば”ミシュランガイド””一つ星”の店として掲載され、テレビとかでも話題になりまくりまくった感じの名店でして、ノー・モア行列を信条とする筆者的には課題店でありつつも、まあ無理ゲーだね~みたいな感じ。

ですが。

こうしてカップラーメンとして存在するなら、行列する事なく『蔦』の味を1㎜くらいはエンジョイ出来るのかな~って思ったので、なんとなく買ってみた次第。

『蔦 醤油Soba』

中身の方はこんな感じ。

ま、さすがに”セブンプレミア”的なカップ麺でして、それなり値段も安くはないので、中身の方も豪華かな?

スープも当然”液体スープ”ですし、調味油も別袋、メンマは生タイプを真空パックし、チャーシュー的なアイテムも肉感が凄い!

これはチョット期待も高まる感じじゃなかろうか?

いざ実食!

と、言う訳で5分後はこんな感じ。

ま、そこまで具材のアイテム数が多い訳ではありませんが、メンマもチャーシューもネギも、それぞれ完全体として復活している気がします。

液体スープと調味油入れま~す!

ん~……この時点でなかなか芳醇な香りが広がる感じでして、やはりカップラーメンも値段が高いのは全然違いますな~

ま、しいて言うなら調味油には”黒トリュフ”のフレーバーが配合されてるらしいのですが、そこまでのトリュフ感ではないかな?

さて。

気になる味の方ですが……まあ流石に美味しいかな?

麺こそカップラーメンかな~とは思いますが、他の具材やスープは生麺タイプのインスタントラーメンと変わらないクオリティーでして、お値段なりの美味しさは確実に存在しています。

ま、筆者は『蔦』のラーメンを食べた事が無いので、どの程度まで再現出来てるのかは謎ですが、とりあえず「鶏と魚介の旨味を利かせた、芳醇な醤油ラーメン。」って謳い文句に間違いないと思いますね!

ご馳走さまでした!

『蔦 醤油Soba』総評

と、言う訳でカップラーメンとしては、かなり美味しい部類に入る『蔦 醤油Soba』だと思います。

が。

やはり、このくらいの値段ですと、まあ美味しくて当たり前感も否めないので、そこまでゴイスーって感じでもない……ってのが、正直な印象かな?

とは言え、カップラーメンで高いの安いのっちゅうても、100円違うか違わないかって世界ですので、どうせなら美味しいカップラーメンを食べるのが正解だと思います。

と、言う訳でこの『蔦 醤油Soba』はイケてると思うので、是非みなさんもセブンイレブンで買って食べてみて下さい。