町田に生姜醤油ラーメン『長岡食堂』がオープンしたので御報告

町田に生姜醤油ラーメン『長岡食堂』がオープンしたので御報告

『長岡食堂』本日オープン!

え~、前になんかシビカラ的なパクりラーメンの跡地が、町田商店系列に買い取られて”ヌードルズファクトリー”?みたいな感じで、気が向いた時に試作ラーメンを提供していた場所ですが、本日やっと『長岡食堂』がオープンした模様。

まあ、外観的には町田商店系列らしさは感じられないですかね?

ま、何はともあれ町田のラーメン屋さんで新規オープンって事でして、まあ町田&相模原のネタで喰ってる当サイト的には、もはや食べに行くのが義務みたいな感じ。

もっとも『町田商店』と何かしら関係あるラーメン屋だとしても、別に工場スープでなければウェルカムな感じですので、個人的にも食べてみたいラーメンなのは否めません。

立地が丁度良い感じでして、行列になっても路地に並べるのはナイスかな?

いや、実際に両隣が店舗だったりすると、行列の出来るラーメン屋とか立ち退き案件に発展しますからね~

店内、前にあったラーメン屋と同じ感じの配置ですが、テーブル席がなくなってウェイティングシートになってました。

まあ、回転率とかを考えてもテーブル席を使うほどじゃ無さそうですし?

メニューの方はこんな感じ。

生姜醤油ラーメンが売りなのに、開幕から『塩ラーメン』を用意してるとか、ちょっと一抹の不安を覚えなくもないのですが、まあタレを替えるだけなので、コンセプトがブレてる点を除けば問題ないと思います。

ライス的なのがあるのは評価出来る感じかな?

『醤油チャーシューメン』980円

こんな感じで、どうでしょう?

まあ、セオリーとしては記事的な伸びしろを残す為にも、初見はスタンダード(一番安いヤツとも言う)から食べるのですが、あえて言おう!

「なんとなくチャーシューな気分であると!」

多分に筆者が好きな秋葉原の『青島食堂』のノリで注文しちゃった感じですが、まあチャーシューがどんなもんかも知りたいじゃない?

結果!

なかなかのチャーシューヂカラでして、これはイイ感じだと思います。

腕肉的な部位も入っているし、これはむしろ『醤油チャーシューメン』が『長岡食堂』のデフォルトじゃなかろうか?

これだけチャーシューが入っていて980円なら納得価格で御座います。

さて。

気になるスープの方ですが……まあ、美味しいかな?

まあ、そこら辺のウンチクはPOPに書いてあるので、行った時にでも読んで貰う方向でお願いするとして、とりあえず豚ガラ、豚足、豚背脂に腕肉&大山鶏のガラみたいな感じの清湯スープとの事でして、ここら辺は美味しい要素が盛り沢山かなと。

しいて言うならタレもそれなり生姜感があって良いのですが、なんか甘さが気になるな~と思っていたら、やっぱ”やんばる黒糖”みたいな砂糖的なきび糖的なエレメンツもあるみたい。

ん~……まあ、そこは好みの差ですが、個人的に甘さは必要なかったぞと。

麺の方は特注麺って事でして、小麦粉とか色々とコダワリがあるみたいですが、まあ安定の『四之宮商店』的な麺箱でしたので、やっぱ『町田商店』と無関係では無いっぽいですな。

麺の方、わりと普通な中細麺ですが、個人的には個性が欲しかった気がします。

ご馳走さまでした!

『醤油チャーシューメン』総評

正直に言うと微妙にタレが甘いとか、麺が無個性とは思ったのですが、まあそこら辺は個人の嗜好でしかなく、別にラーメンとして致命的に駄目って訳ではありません。

ゆえに総評としては、なかなか美味しい『長岡食堂』って感じでして、特にチャーシューがイケてるので、是非とも初見は『醤油チャーシューメン』に、なんなら味玉とかをアドしてみる事をオススメしたいと思います。

ま、しいて言うなら、これも店側の都合ではありますが、ユーザー目線ですと如何せん昼営業のみはチョット不便かなと。

そんな感じで営業時間的にはハードルが高い『長岡食堂』ですが、まあ将来的にはバイトも入れて昼夜回すと思うので、そこら辺は様子見って事で。

とりあえず直近は昼営業のみって感じですが、ラーメン的には美味しいと思うので、是非みなさんも『長岡食堂』のラーメンを食べに行ってみて下さい。

生姜醤油ラーメン『長岡食堂』

東京都町田市原町田4-3-4

営業時間 11:00~15:00

(しかもスープなくなり次第終了)

定休日 水曜日&日曜日

『長岡食堂』Googleマップで表示

町田カテゴリの最新記事