淵野辺『遊喜や』リーズナブルに刺身と寿司をエンジョイしたい時

『刺身三点盛』500円

二人で行くなら『刺身盛合わせ』(1200円)がオススメですが、一人で刻む場合はスターティングとして『刺身三点盛』から入るのがベターです。

ってか、この時点で『遊喜や』の優勝じゃないですかね?

多分に居酒屋チェーン店で、このくらいの刺し盛りを頼むと980円以上するので、ほぼ半額以下で御座います。

勿論、盛り合わせの内容は日替わりですが、常にベストな刺身をイイ感じに盛り合わせてくれるので、一発目はまずコレを食べておけば間違いない!

ちなみにこの日は”イワシ”が最高だった事も報告しておきましょう。

『真鱈の白子』400円

酒飲みには堪らない『真鱈の白子』で、どうでしょう?

二人で分けても十分なボリューム感ですが、400円なので一人で食べても財布的には、どうと言う事はない!

ここら辺もあったら食べた方が良いですね~

『活つぶ貝』400円

400円なら迷いなし、食べる1択で御座います。

貝類が苦手って人も多いと思いますが、この”つぶ貝”は意外と歯ごたえ重視ですので、貝入門としても手頃かなと。

『あん肝』300円

この日のサービス品、『あん肝』も食べるよね~

勿論、サービス品だから300円って話ですけれども、普段も400円とか500円ですので、『あん肝』好きなら『遊喜や』1択かなと。

ここら辺も子供の頃には分からない”大人の味”かもですが、逆に美味しさが分かる頃には”痛風”との戦いになると言う罪深い食べ物。

『鮭のハラス焼』300円

みんな大好き『鮭のハラス焼』で、どうでしょう?

そもそもハラスって刺身とかには使いにくい部位でして、昔は安いメニューの代表みたいな料理だったのですが、今は普通に焼き魚レベルの値段で出してる店が多い可能性……あると思います。

『だし巻チーズ明太子』400円

女子勢に大人気の『だし巻チーズ明太子』でして、『遊喜や』で魚以外を欲したなら、まず第1候補になるメニューかなと。

卵にチーズと明太子、材料からして美味しい予感しかないじゃない。

『おまかせ握り』1200円

飲みに行ったらラーメンで締めたくなるのが人間ですが、あえて言おう!

「魚の日は魚で終わりたい俺がいると!」

『遊喜や』だと締め的メニューとして『一口茶漬』(350円)なるメニューがあるのですが、なんだかんだと寿司も食べたいので、このタイミングで食べるじゃない?

わりとライトな寿司モチベを満たす為に、回転寿司を利用する人って多いのですが、筆者的にそれはナンセンスでして、結局は回転寿司で食べても満足感は得られないんですよ。

逆に?

この『遊喜や』でちょいちょい”寿司モチベ”を満たしておくと、無駄な出費を減らせるソリューション。

さらに!

「いやいや、そこまで食べれないから!」って人には、お好み単品で握って貰うと言う選択肢もあるので、使い分けてみたら良いじゃない。

ご馳走さまでした!

『遊喜や』総評

さて。

気になる本日のお会計ですが、お酒も飲んだのであれですけれども、単純に料理だけ(おまかせ握りまで)の値段をザックリ言いたいので、あえて言おう!

「約3500円であると!」

単品の握りは値段忘れちゃった!

ま、多分にビール2杯と”お通し”合わせて約5000円って感じでして、どんだけ飲んでも1万円には程遠いぞと。

ん~……これは『焼肉はせ川』に匹敵するコストパフォーマンスでして、やはり魚って事で言えば相模原&町田なら『遊喜や』圧勝じゃなかろうか?

いや、むしろ『遊喜や』よりも安くイケちゃう店があったら教えて欲しいくらいでして、筆者もあれこれ探しているのですが、見つけられない感じです。

と、言う訳で魚を食べるなら『遊喜や』で決まりな訳ですが、やはり人気ゆえに宴会で貸し切りだったり満席だったりするので、行く時は近隣の第二候補も考えておくのが吉かなと。

そんな感じで2020年もバリバリに推せる『遊喜や』ですので、是非みなさんも食べに行ってみて下さい。