相模原『よしの食堂』昔懐かしいカツカレーを食べる日@橋本

相模原『よしの食堂』昔懐かしいカツカレーを食べる日@橋本

『よしの食堂』どうでしょう?

昔々は食堂と名の付く定食屋さんもちょいちょいあったかもですが、令和の今となっては相模原市内にも残り少ない感じですので、あえて言おう!

「よしの食堂、どうでしょうと!」

いや、わりと当サイト的には2017年、2018年と記事化してみたものの、さして反響が無かったので2019年はスルーしたのですが、もしかしたら今ならヒットするかもみたいな淡い期待を抱いてみた次第。

ちなみに『よしの食堂』は橋本の方と言うか、『蒙古タンメン中本』橋本店ら辺にあるし、ガツンと大きな自社ビルですので、知ってる人も多いんじゃなかろうか?

さらに!

駐車場の方もかなり広いので、車勢にもオススメで御座います。

ん~……まあ、今となっては過剰な広さかもですが、昔々はこのくらいの広さが必要だったんでしょうかね?

店内の方も広い感じでして、まさに昔ながらの昭和な食堂って感じですが、綺麗に掃除されていて、キタナシュランで無いのは高評価で御座います。

多分、居酒屋的な感じでの宴会とかもやってそうな雰囲気でして、夜に来てみるのも一興か?

こういうメニューもイイ感じですね~

ま、今でこそメニューとかってパソコンでチョイチョイと作って、ラミネーターでちゃちゃっと完成かもですが、そういうのが一般的ではなかった時代って、こうして一ヶ所にドーンとメニューを掲示して終了って店も多かったんですよ。

そこら辺も含めて、この『よしの食堂』には若い人にも来てみて欲しいと思います。

そして!

このメニューの豊富さ……何を食べて良いのか悩んでしまう可能性……あると思います。

ま、一番お得なのは”本日の日替わり”みたいなセットなんですけどね~

ちなみに前回は……チャーハンを食べたのかな?

ってか、これだけメニューがあれば被る確率は低めでして、適当に食べても大丈夫な予感。

『カツカレー』税別850円

こんな感じで、どうでしょう?

すでに『ワンタンメン』と『チャーハン』は記事化してるので、安定の『カツカレー』にしてみました!

ん~……コイツはなかなか渋いビジュアルですね~

ってか、彩りにグリーンピースとか完全に昭和初期な感じでして、完全に30年とか40年前のビジュアルで御座います。

そもそも、最近ではグリーンピースって出番が無さ過ぎて、10代の人だと「グリーンピース?」みたいな感じで、存在自体を知らない人が居てもおかしくないかも?

今回、特に大盛りにはしてませんが、なかなかのボリューム感でして、流石は昭和な食堂って感じですな。

一見、キーマカレーにすら見えるほどのグラフィックですが、味の方も普通に”昭和のカレー”って感じでして、ジャガイモも少々入っている懐かしいタイプのカレーです。

豚カツ的な方は……まあ、そこまで立派な豚カツではないかもですが、そこも含めて懐かしい感じ。

いや、昔ってわりと『よしの食堂』くらい叩いて伸ばした豚カツが多かったので、昭和世代的には昔を思い出す一品かなと。

気になる味の方ですが……まあ普通に美味しいかな?

スパイス感がうんちゃらみたいなカレーではないし、辛さの方も中辛以下ですので、恐らく誰もが美味しく食べれるカレーかと思われます。

しいて言うなら、ちょっと塩分感が高いような?

まあ、この塩分感に覚えのある筆者でして、多分に隠し味で醤油を加えているのかも?

(確証はないですw)

ここら辺はカレーに醤油をかけて食べた事がある人でないと、まったく分からない世界ですが、うちのオヤジもカレーに醤油派だったので、筆者的には心当たりのある味だったりして。

ご馳走さまでした!

『カツカレー』総評

なかなか個性的な『よしの食堂』の『カツカレー』でして、恐らく昭和世代にはマストな一品だと思った次第。

逆に?

こういう味を昨今の若い人がどう感じるのかってのも興味ある感じですが、どうなんでしょうかね?

生まれた時からそこら中にファミレスがある世代ですと、外食となると基本的にはそこら辺で食べる機会が多いでしょうし、こういう『よしの食堂』みたいな店は未経験って人も少なくないと思います。

と、言う訳で相模原でも知ってる人は知っている『よしの食堂』ですが、恐らくあの通りを車で走らない人はまったく知らないかもですので、この機会に食べに行ってみて欲しいと思うのですが、どうでしょうか?

『よしの食堂』@東橋本

神奈川県相模原市緑区東橋本2-19-4

営業時間 11:00~15:00 17:00~21:00

(金土は23時、日曜祝日は21時)

定休日 月曜日

『よしの食堂』Googleマップで表示

相模原カテゴリの最新記事